大円寺(青森県大鰐町)


大円寺(青森県大鰐町)の地図情報☜

大円寺(青森県大鰐町)について

「大鰐の大日様」として親しまれる大円寺には、国の重要文化財「阿弥陀如来坐像」を安置する大日堂があり、篤い信仰を集める名所です。「阿弥陀如来坐像」の高さは四・八五メートル。

★大日様は未、申年生まれの一代様
【参考】http://kouboudaishi.main.jp/fudasho/22/

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:5:00~17:00 参拝受付時間は午前5時~17時

所在地 〒038-0212 
青森県南津軽郡大鰐町蔵館字村岡12

電話番号

0172-48-2017

交通アクセス

(1)大鰐温泉駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

大円寺は、青森県大鰐町にある仏教寺院です。建立は不明ですが、室町時代には「大円念仏寺」として知られていました。

本堂は、江戸時代に建てられた木造の建物で、山門と本堂があります。それらは国の重要文化財に指定されています。

大円寺には、有名な石仏「大円石仏」があります。室町時代に築かれたもので、国の重要文化財にも指定されています。

また、大円寺は、歴史的建造物の再生を目的とした修復プロジェクト「大円寺再生プロジェクト」を行っています。このプロジェクトでは、大円寺の建物を修復し、文化財保護を推進しています。

大円寺は、青森県大鰐町にある仏教寺院です。建立は不明ですが、室町時代には「大円念仏寺」として知られていました。

本堂は、江戸時代に建てられた木造の建物で、山門と本堂があります。それらは国の重要文化財に指定されています。

大円寺には、有名な石仏「大円石仏」があります。室町時代に築かれたもので、国の重要文化財にも指定されています。

また、大円寺は、歴史的建造物の再生を目的とした修復プロジェクト「大円寺再生プロジェクト」を行っています。このプロジェクトでは、大円寺の建物を修復し、文化財保護を推進しています。

大円寺は、青森県大鰐町にある仏教寺院です。建立は不明ですが、室町時代には「大円念仏寺」として知られていました。

本堂は、江戸時代に建てられた木造の建物で、山門と本堂があります。それらは国の重要文化財に指定されています。

大円寺には、有名な石仏「大円石仏」があります。室町時代に築かれたもので、国の重要文化財にも指定されています。

また、大円寺は、歴史的建造物の再生を目的とした修復プロジェクト「大円寺再生プロジェクト」を行っています。このプロジェクトでは、大円寺の建物を修復し、文化財保護を推進しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。