毛越寺


毛越寺の地図情報☜

毛越寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:3月5日~11月4日 8:30~17:00

拝観時間:11月5日~3月4日 8:30~16:30

所在地 〒029-4102 
岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58

電話番号

交通アクセス

(1)平泉駅から徒歩で

すべての基本情報を見る

毛越寺は、愛知県知多半島の東海にある寺院です。

毛越寺は、東海道五十三次の始発地として、1334年に創建されました。その名前は、開基者である毛越宗秀が、当時、毛越と呼ばれていた知多半島の西部に設立したためにつけられました。

毛越寺は、室町時代から明治時代まで、知多半島の観光名所として親しまれてきました。毛越寺を訪れる人々には、室町時代の美しい建築物や庭園の景色を楽しむことができます。また、寺院内には、知多半島を象徴する開発の英雄、毛越宗秀の肖像画をはじめ、さまざまな伝説の芸術作品が展示されています。

毛越寺では、毎年6月の知多半島の有名な「毛越祭り」を開催しています。この祭りは、毛越宗秀が開発に成功したことを祝う宗教的な行事で、毎年多くの観光客が訪れます。この祭りのハイライトは、毛越寺の山門に掲げられた大きな旗で、当日は多くの市民が参加して楽しみます。
毛越寺は、愛知県知多半島の東海にある寺院です。

毛越寺は、東海道五十三次の始発地として、1334年に創建されました。その名前は、開基者である毛越宗秀が、当時、毛越と呼ばれていた知多半島の西部に設立したためにつけられました。

毛越寺は、室町時代から明治時代まで、知多半島の観光名所として親しまれてきました。毛越寺を訪れる人々には、室町時代の美しい建築物や庭園の景色を楽しむことができます。また、寺院内には、知多半島を象徴する開発の英雄、毛越宗秀の肖像画をはじめ、さまざまな伝説の芸術作品が展示されています。

毛越寺では、毎年6月の知多半島の有名な「毛越祭り」を開催しています。この祭りは、毛越宗秀が開発に成功したことを祝う宗教的な行事で、毎年多くの観光客が訪れます。この祭りのハイライトは、毛越寺の山門に掲げられた大きな旗で、当日は多くの市民が参加して楽しみます。
毛越寺は、愛知県知多半島の東海にある寺院です。

毛越寺は、東海道五十三次の始発地として、1334年に創建されました。その名前は、開基者である毛越宗秀が、当時、毛越と呼ばれていた知多半島の西部に設立したためにつけられました。

毛越寺は、室町時代から明治時代まで、知多半島の観光名所として親しまれてきました。毛越寺を訪れる人々には、室町時代の美しい建築物や庭園の景色を楽しむことができます。また、寺院内には、知多半島を象徴する開発の英雄、毛越宗秀の肖像画をはじめ、さまざまな伝説の芸術作品が展示されています。

毛越寺では、毎年6月の知多半島の有名な「毛越祭り」を開催しています。この祭りは、毛越宗秀が開発に成功したことを祝う宗教的な行事で、毎年多くの観光客が訪れます。この祭りのハイライトは、毛越寺の山門に掲げられた大きな旗で、当日は多くの市民が参加して楽しみます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。