盛岡八幡宮


盛岡八幡宮の地図情報☜

盛岡八幡宮について

盛岡藩南部氏鎮守。八幡宮例大祭では山車の巡行や流鏑馬が有名、境内には米内光政像、田村了咲句碑などがあります。南部氏は、もともと八幡神を氏神と仰ぐ家柄でした。今から約800年ほど昔に南部の藩祖である南部光行公が、 居城を三戸から不来方に移す際に、不来方の豪族である日戸氏が代々信仰していた鳩森八幡宮を修復し、 この地方の守護神として城内におまつりし、氏神と仰ぎました。城内の八幡社を藩主が篤く信奉することから、城下の民衆も自然に八幡神を崇敬するようになりました。 そのため、新たに崇敬の中心となるべき八幡神社の造営が必要とされ、 寛文11年に南部29代重信公が、商業の流通を図るために、町の中心部を整え、 新八幡宮の造営に着手しました。約1万5千坪の広大な境内地を定めて寛文11年に着手された造営工事は約8ヵ年を要し、 延宝8年にご本殿を始め、流鏑馬(やぶさめ)馬場等の主な建物や施設が整いました。 新八幡宮造営にあわせて、門前の町づくりにも着手し、その竣工と同時に門前町である八幡町が完成しました。 八幡町は、盛岡八幡宮の歴史とともに発展し現在に至っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒020-0872 
岩手県盛岡市八幡町13-1

電話番号

019-652-5211

交通アクセス

(1)盛岡駅からバスで20分(茶畑行き)

八幡宮下車から(徒歩すぐ)

すべての基本情報を見る

八幡宮は、宮司・参謀・宮女などを擁する大規模な宮制神社で、奈良時代から続く八幡大社の位置づけとなっています。今回は、盛岡市内にある八幡宮の東海の寺を詳しくご紹介しましょう。

八幡宮の東海の寺は、八幡宮本宮とも呼ばれる宮制神社である八幡宮内にあり、参拝者が思いを込めて参拝できます。東海の寺は八幡大社の別院として、奈良時代から八幡宮に参勤宮として存在していた施設です。東海の寺は八幡宮の本殿として、年間を通じて多くの信者たちが参拝しています。

八幡宮の東海の寺には、約1000年前の仏殿が建てられています。この仏殿は、大正時代に現在の姿になったと言われています。青銅の大仏像や、約200点の特別文化財が保存されています。また、八幡宮の東海の寺には、毎年恒例となっている「八幡宮池の泳ぐ会」も行われています。

八幡宮の東海の寺は、年間を通じて多くの信者たちが参拝している神社としても知られています。また、八幡宮の仏殿には、奈良時代から存在する約1000年の歴史があり、特別文化財も多数保存されています。仏殿の前では、
八幡宮は、宮司・参謀・宮女などを擁する大規模な宮制神社で、奈良時代から続く八幡大社の位置づけとなっています。今回は、盛岡市内にある八幡宮の東海の寺を詳しくご紹介しましょう。

八幡宮の東海の寺は、八幡宮本宮とも呼ばれる宮制神社である八幡宮内にあり、参拝者が思いを込めて参拝できます。東海の寺は八幡大社の別院として、奈良時代から八幡宮に参勤宮として存在していた施設です。東海の寺は八幡宮の本殿として、年間を通じて多くの信者たちが参拝しています。

八幡宮の東海の寺には、約1000年前の仏殿が建てられています。この仏殿は、大正時代に現在の姿になったと言われています。青銅の大仏像や、約200点の特別文化財が保存されています。また、八幡宮の東海の寺には、毎年恒例となっている「八幡宮池の泳ぐ会」も行われています。

八幡宮の東海の寺は、年間を通じて多くの信者たちが参拝している神社としても知られています。また、八幡宮の仏殿には、奈良時代から存在する約1000年の歴史があり、特別文化財も多数保存されています。仏殿の前では、
八幡宮は、宮司・参謀・宮女などを擁する大規模な宮制神社で、奈良時代から続く八幡大社の位置づけとなっています。今回は、盛岡市内にある八幡宮の東海の寺を詳しくご紹介しましょう。

八幡宮の東海の寺は、八幡宮本宮とも呼ばれる宮制神社である八幡宮内にあり、参拝者が思いを込めて参拝できます。東海の寺は八幡大社の別院として、奈良時代から八幡宮に参勤宮として存在していた施設です。東海の寺は八幡宮の本殿として、年間を通じて多くの信者たちが参拝しています。

八幡宮の東海の寺には、約1000年前の仏殿が建てられています。この仏殿は、大正時代に現在の姿になったと言われています。青銅の大仏像や、約200点の特別文化財が保存されています。また、八幡宮の東海の寺には、毎年恒例となっている「八幡宮池の泳ぐ会」も行われています。

八幡宮の東海の寺は、年間を通じて多くの信者たちが参拝している神社としても知られています。また、八幡宮の仏殿には、奈良時代から存在する約1000年の歴史があり、特別文化財も多数保存されています。仏殿の前では、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。