長安寺(岩手県大船渡市)


長安寺(岩手県大船渡市)の地図情報☜

長安寺(岩手県大船渡市)について

約900年前に創建された東北屈指の名刹。高さ20mにも及ぶ総ケヤキ造りの山門が堂々と構えています。長安寺のシンボルともいえる山門は、1796年に着工されましたが、禁制のケヤキを使用した上17.5mの高楼であるという二つの理由で、伊達藩より取り壊しを命じられました。しかし1807年、「廓念坊秀諦」が弁明に努め、工事続行不可を条件に黙認されました。そのため、扉なし、袖なし、開きなしの門となっています。現在の本堂は明治16年(1833年)の創建です。境内には、市の天然記念物に指定されている、「奥州しだれ桜」「長安寺大イチョウ」も見ることができます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

見学:通年(境内自由)

所在地 〒022-0005 
岩手県大船渡市日頃市町字長安寺57

電話番号

0192-26-3391

交通アクセス

(1)県立大船渡病院前バス停から20分( 岩手県交通バス五葉温泉行き)

寺前バス停から

すべての基本情報を見る

長安寺(ながあんじ)は、岩手県大船渡市にある東海地域の寺院である。この寺院は、「東海三大空海」と呼ばれる、浅間大空海(秋田県)・雲仙大空海(山梨県)・長安寺大空海(岩手県)の三つの大空海のうちの一つとして知られている。

長安寺は、東国から来た空海をその亡霊安置のために海三郎(岩手県)が、津軽海峡を渡って岩手県にきて、渡海山(とちかいやま)において掘り出した穴に、空海の尊なる骨を納め、そこに寺を建立したといわれている。その後、この海三郎が本尊として空海を安置したことから、「海三郎空海」という慈悲の仏像がある。

長安寺は、この「海三郎空海」を中心にした仏像が多く安置されており、また、この寺では空海を祀る宗教行事が毎年行われている。また、境内には「長安寺漁港」があり、毎年7月下旬から8月上旬にかけて、この漁港で行う空海祭りが行われている。この空海祭りでは、多くの信徒が集まり、空海を祀る大きな行事が行われている。
長安寺(ながあんじ)は、岩手県大船渡市にある東海地域の寺院である。この寺院は、「東海三大空海」と呼ばれる、浅間大空海(秋田県)・雲仙大空海(山梨県)・長安寺大空海(岩手県)の三つの大空海のうちの一つとして知られている。

長安寺は、東国から来た空海をその亡霊安置のために海三郎(岩手県)が、津軽海峡を渡って岩手県にきて、渡海山(とちかいやま)において掘り出した穴に、空海の尊なる骨を納め、そこに寺を建立したといわれている。その後、この海三郎が本尊として空海を安置したことから、「海三郎空海」という慈悲の仏像がある。

長安寺は、この「海三郎空海」を中心にした仏像が多く安置されており、また、この寺では空海を祀る宗教行事が毎年行われている。また、境内には「長安寺漁港」があり、毎年7月下旬から8月上旬にかけて、この漁港で行う空海祭りが行われている。この空海祭りでは、多くの信徒が集まり、空海を祀る大きな行事が行われている。
長安寺(ながあんじ)は、岩手県大船渡市にある東海地域の寺院である。この寺院は、「東海三大空海」と呼ばれる、浅間大空海(秋田県)・雲仙大空海(山梨県)・長安寺大空海(岩手県)の三つの大空海のうちの一つとして知られている。

長安寺は、東国から来た空海をその亡霊安置のために海三郎(岩手県)が、津軽海峡を渡って岩手県にきて、渡海山(とちかいやま)において掘り出した穴に、空海の尊なる骨を納め、そこに寺を建立したといわれている。その後、この海三郎が本尊として空海を安置したことから、「海三郎空海」という慈悲の仏像がある。

長安寺は、この「海三郎空海」を中心にした仏像が多く安置されており、また、この寺では空海を祀る宗教行事が毎年行われている。また、境内には「長安寺漁港」があり、毎年7月下旬から8月上旬にかけて、この漁港で行う空海祭りが行われている。この空海祭りでは、多くの信徒が集まり、空海を祀る大きな行事が行われている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。