諏訪神社(岩手県久慈市)


諏訪神社(岩手県久慈市)の地図情報☜

諏訪神社(岩手県久慈市)について

源義経ゆかりの神社。
平泉の戦いから逃れた源義経一行は久慈までたどりつき、ここから北海道へ渡るためにみなとを見てまわり手だてを考えていると、そこへ追手の畠山重忠があらわれた。心の中では義経を敬っていた重忠はあたらないようにと祈りながら、義経に向かって矢を放つ。すると、その矢は松の木にあたり、義経は無事北へ落ちのびることができた。畠山重忠は矢が義経にあたらなかったことを感謝して、その矢をご神体として祠を建てた。それが諏訪神社の始まりであるとの言い伝えがある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒028-0041 
岩手県久慈市長内町35-98

電話番号

0194-53-2577

交通アクセス

(1)久慈駅からバスで10分

すべての基本情報を見る

諏訪神社は、岩手県久慈市にある東北地方のお寺です。この神社は、古くから神社として広く信仰されています。諏訪神社の神様は、九鬼大神です。この神社は、紀元前1世紀から現在に至るまで、様々な歴史を歩みました。

諏訪神社は、宝物庫から建物、石碑、楼門、神棚などを含め、複数の建物があります。その中でも有名なものは、諏訪龍門です。諏訪龍門は、紀元前5世紀に建立された記念碑として、注目を集めています。また、諏訪龍門のそばにある地図を彫った石碑も、見る価値があります。

諏訪神社の付近には、「諏訪湖聖湖」と呼ばれる古湖があります。この湖は、四季折々の美しい風景を望むことができます。また、この湖を囲む山々が、神社の信仰を守り続けていると信じられています。

諏訪神社は、神社としての信仰を守りつつ、現在でも多くの観光客を魅了しています。神社の付近では、様々なイベントが行われています。諏訪神社の神社参拝をするだけでなく、古湖を見学したり、山々を散策して、東北地方の魅

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。