白山神社(秋田県三種町)


白山神社(秋田県三種町)の地図情報☜

白山神社(秋田県三種町)について

善知鳥坂を登ると白山神社の鳥居が見えてきます。白山神社は金光寺集落の鎮守で、天正2年(1597)に三浦氏が建立したと云われています。敷地の形状が古来から変わっていない為か、境内はとても赴きのありますが、社殿は思ったより新しい感じがします。本殿は傾斜地に張り出し形をとっていて特徴がありました。神社の配置が坂の登りきった所で集落の入り口に当る場所なので何か曰くがありそうです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒018-2304 
秋田県山本郡三種町豊岡金田字金光寺31

電話番号

交通アクセス

(1)森岳駅から車で7分

すべての基本情報を見る

東北地方には、多くの素晴らしいお寺があります。その中でも、秋田県三種町にある「白山神社」は、その美しさと歴史的な価値から、多くの人々に愛されています。

白山神社は、古くから山拝として崇められている白山の神社で、現在も神々を祝福するために多くの人が訪れています。白山神社は、11世紀に創建されたとされていますが、その発展は紀元前からさかのぼることができます。この神社は、豊かな自然環境の中にあり、清流に沿った神社の境内を囲む壮大な山々が非常に美しいです。

白山神社の門前には、豊かな山々を望み、安らかな雰囲気と重厚な歴史があります。神社の境内には、古くから祭られてきた三段重ねの社殿や、池があり、さまざまな神社の記念碑があります。また、この地域では、宮司が毎年春夏秋冬の各季節に祭礼を行うことが習慣となっています。

白山神社は、美しい自然環境と古くから伝わる歴史的な価値が、多くの人々を魅了しています。そのため、多くの観光客が訪れて、素晴らしい景色を楽しんでいます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。