諏訪神社(宮城県角田市)


諏訪神社(宮城県角田市)の地図情報☜

諏訪神社(宮城県角田市)について

伊具の総鎮守として全国でも珍しい古式にのっとりその年の豊凶を占う「筒粥神事(つつがゆしんじ)」が1月15日の暁(あかつき)参りに厳粛に行われています。
天正18年(1590年)には伊達政宗が相馬遠征の際、当社に戦勝を祈願し、ここで甲冑に着替えて出陣し、凱旋の時、金幣帛鳥帽子及び日色鈴を奉納し社殿を寄進したと伝えられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒981-1522 
宮城県角田市佐倉字諏訪脇南4

電話番号

0224-62-4771

交通アクセス

(1)阿武隈急行線角田駅から徒歩で30分

(2)東北自動車道白石ICから車で40分

(3)常磐自動車道から車で40分(山元ICより10分)

すべての基本情報を見る

東北地方の諏訪神社は、宮城県角田市にある神社です。昔から伝わる神社として有名な場所で、現在も多くの信仰者に愛されています。諏訪神社は、設立されて以来、約1000年の歴史を誇っており、古代から現代に至るまで歴史と文化を守る重要な場所となっています。

諏訪神社には、現在も多くの方々が訪れ、参拝しています。その象徴となるのが、諏訪神社の大きな鳥居です。鳥居にはお祭りの際に空中に舞い上がる大きな花火が打ち上げられたり、賑やかな夜である「諏訪神社夜祭」も行われています。

また、諏訪神社の境内には、古代から伝わる様々なお寺があり、信仰者が訪れることができます。お寺には、様々な境内の神様が祀られており、信仰者は参拝をする際にお参りをします。

諏訪神社は、宮城県の中心的な場所にあり、多くの信仰者が訪れる重要な場所です。信仰者はお寺を訪れ、参拝をすることで、古代から伝わる文化を守り、美しい東北地方を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。