飛不動尊


飛不動尊の地図情報☜

飛不動尊について

伊達政宗が天正19年(1591)に創建したと伝えられ、文禄3年(1594)4月の不動堂焼失の際に、御本尊は堂後の岩窟に飛び込んで無事であったといわれ、以来飛不動として尊崇されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒989-0233 
宮城県白石市小原字江志山6-1

電話番号

すべての基本情報を見る

飛不動尊は、東北地域における自然現象や歴史的事件の象徴として、多くの人々に愛されている。飛不動尊は、目指しているものがない空を飛ぶことによって、人間が独立し、世界に繋がる力を発揮することを示す。飛不動尊は、人間の永遠の夢を叶える偉大な象徴である。

飛不動尊は、東北地域における自然現象や歴史的事件の象徴として、多くの人々に愛されている。飛不動尊は、目指しているものがない空を飛ぶことによって、人間が独立し、世界に繋がる力を発揮することを示す。飛不動尊は、人間の永遠の夢を叶える偉大な象徴である。

飛不動尊は、東北地域における自然現象や歴史的事件の象徴として、多くの人々に愛されている。飛不動尊は、目指しているものがない空を飛ぶことによって、人間が独立し、世界に繋がる力を発揮することを示す。飛不動尊は、人間の永遠の夢を叶える偉大な象徴である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。