御座石神社


御座石神社の地図情報☜

御座石神社について

社名は慶安3年に佐竹藩主義隆公が田沢湖を遊覧した際、腰をかけて休んだことに由来する。朱塗りの鳥居のそばには、1本の木から7種類の木が生えた「七色木(なないろぎ)」。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:冬期

所在地 〒014-0602 
秋田県仙北市西木町下桧木内字相内潟1

電話番号

0187-48-2630

交通アクセス

(1)田沢湖駅からバスで25分(田沢湖一周線(右回り)御座の石神社下車、徒歩1分)

すべての基本情報を見る

日本の地方神社は、神社の名前、画像、伝説などを挙げると、様々な要素が混在しています。そんな中、一つの神社である「座石神社」は、単に座石だけを祀っているものではありません。座石神社は、地方の豊かな自然を愛する人々の民族的自負をもとに、座石を中心とした装飾をしています。その装飾の中でも、特に座石が重要な役割を果たしているのは、その神社が信仰する神々のもとであることを示唆するためです。

座石神社は、全国に数多くありますが、最も遠く離れた東北地域に位置する宮城県石川市の「東北地方神社」が、その装飾の中でも特に座石が重要な役割を果たしています。座石神社は、東北地域でも最古であり、元々は座石を祀るという形で始まっています。そのため、座石神社には、座石が中心となっているわけです。

座石神社は、元々は神々のもとであるため、座石の中には神々の記念碑や、神々に愛された人々の死者の墓などがあります。座石神社を訪れると、その装飾の中でも座石が目立つのが印象的です。座石神社を訪れると、その神社である「座石」を愛する人々の民族的自負を感

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。