桜山神社(岩手県盛岡市)


桜山神社(岩手県盛岡市)の地図情報☜

桜山神社(岩手県盛岡市)について

社殿が盛岡城三の丸跡にあり、江戸時代中期の寛延2年に創建され南部藩の総鎮守として信仰されました。国の重要文化財に指定される南北朝時代初期の国長作の刀が所蔵されています。毎年5月25日から3日間行われる例大祭では、お神輿が騎馬武者に先導されて盛岡市内を練り歩き境内には多くの出店が立ち並びます。また、1月26日に開催される伝統行事裸参りは盛岡の冬の風物詩として有名です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:09:00~17:00

所在地 〒020-0023 
岩手県盛岡市内丸1-42

電話番号

019-622-2061

交通アクセス

(1)盛岡駅からバスで7分

県庁・市役所前下車から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

盛岡市の神社は、岩手県盛岡市の中心部にあり、岩手県盛岡市にある八幡神社と同じく、大正時代に建立されたものです。

堂内には、大正時代から昭和20年代にかけて岩手県の伝統工芸品を手仕立てに披露してきた石川工芸の美術館があります。

神社内には、多彩な社殿があり、その中でも特に人気のあるのが桜山神社です。

桜山神社は、岩手県盛岡市の中心部にあり、岩手県盛岡市にある八幡神社と同じく、大正時代に建立されたものです。

堂内には、大正時代から昭和20年代にかけて岩手県の伝統工芸品を手仕立てに披露してきた石川工芸の美術館があります。

神社内には、多彩な社殿があり、その中でも特に人気のあるのが桜山神社です。

桜山神社は、年4回の芸術祭や、その他多くの芸術イベントを開催しています。

また、桜山神社には、世界遺産にも認定されている岩手県盛岡市の観光名所、桜山神社外観ガイドでもある桜山神社天神社殿を訪れることができます。

是非、桜山神社を訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。