相馬中村神社


相馬中村神社の地図情報☜

相馬中村神社について

相馬家代々の氏神として崇敬されてきた相馬中村神社は、相馬三妙見社の一つで、天之御中主神を祭神としています。1611年相馬利胤が中村城を築城したとき、鎮守妙見宮を城内に祀ったのが始まりと伝えられています。社殿は、本殿・幣殿・拝殿からなる権現造の複合社殿となっています。全体的に建物は簡素ですが、要所に漆塗り、彩色、飾金具で飾り、寛永建立の正統的なもので、相馬地方を代表する建築です。本殿・幣殿・拝殿は昭和58年に国の重要文化財に指定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:9:00~17:00

休業:年中無休

所在地 〒976-0042 
福島県相馬市中村字北町140

電話番号

0244-35-3363

交通アクセス

(1)相馬駅から15分

すべての基本情報を見る

相馬中村神社は、福島県相馬市中村区の水神社として約1,000年を経て、神社の真壁には、相馬中村があることから呼ばれている。相馬中村神社は、相馬中村市の中心地に位置する。

相馬中村神社は、関東大震災後の数年間、治安の不安定な状況の中でも、神社に対する民間の信仰と支援を続けてきた。また、相馬中村神社の中心地である相馬中村市では、昨年、相馬中村市とともに、東北地域の「十勝」の神社となることが決定した。

また、相馬中村神社は、福島県立大学の高等学校法人相馬中村神社学校との間の共同事業も行っている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。