八槻都々古別神社


八槻都々古別神社の地図情報☜

八槻都々古別神社について

都々古別三社の一社で、江戸時代頃には「近津三社」(馬場都都古和氣神社・八槻都々古別神社・下宮近津神社)と総称された“中宮”にあたる。 縁起によれば、日本武尊が八溝山の「東夷」の大将を討った際、守護として示現した三神が建鉾山より箭(や)を放ち、箭の着いた場所を箭津幾(やつき)とし都々古別神社を創建したのがはじまりといわれている。 祭神は味耜高彦根命と日本武尊を祀る。農耕神としての性格が古く、のちに武神が加わったものと考えられる。社宝には銅鉢(国重文)、木面十一面観音立像(国重美)など数多くの貴重な文化財が遺されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒963-5672 
福島県東白川郡棚倉町八槻字大宮224

電話番号

0247-33-3505

交通アクセス

(1)東北自動車道 白河ICから車で50分

すべての基本情報を見る

その他の神社情報はこちら.

8槻都神社は、東北地域における古別神社です。

地域によっては建築形式や規模が異なりますが、その中でも特に古い神社として知られています。

そのため、その中でも特に古い神社として知られています。

そのうえ、古い神社では、その中でも特に素晴らしい絵巻が多数掲載されています。

その絵巻は、古代の時代に作られたものと考えられています。

そのため、8槻都神社を訪れるには、古代の時代に作られた絵巻を見ることができるといっても過言ではありません。

8槻都神社は、東北地域における古別神社です。

地域によっては建築形式や規模が異なりますが、その中でも特に古い神社として知られています。

そのため、古い神社に触れてみることができるといっても過言ではありません。

8槻都神社の中でも特に素晴らしい絵巻が多数掲載されています。

その絵巻は、古代の時代に作られたものと考えられています。

そのため、8槻都神社を訪れるには、古代の時代に作られた絵巻を見ることができるといっても過言ではありません。

8槻都神社では、古代の時代に作られた絵巻を見ることができるといっ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。