昭和大仏・青龍寺


昭和大仏・青龍寺の地図情報☜

昭和大仏・青龍寺について

豊かな自然自然の中に佇む昭和大仏。その高さは21.35m。奈良の大仏、鎌倉の大仏を凌ぎ、青銅坐像仏として日本一大きな大仏です。広大な境内地には東日本最大の木造五重塔や金堂、開山堂など総青森ヒバ造りの伽羅が騒然と軒を連ねています。大仏、金堂、大師堂は拝観可。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

開園時間:4月~10月 8:00~17:30

開園時間:11月~3月 9:00~16:30

所在地 〒030-0935 
青森県青森市桑原字山崎45

電話番号

017-726-2312

交通アクセス

(1)JR青森駅から車で20分

(2)青森空港から車で30分

(3)青森駅からバスで45分(青森駅3番のりば「桑原行き、昭和大仏行き」乗車)

すべての基本情報を見る

昭和大仏・青龍寺は、青龍寺(青森県)と濁川寺(岩手県)の2仏教寺の共同管理で、昭和43年(1975年)に新緑の寺院に改名した。

昭和大仏は、日本初の大仏像となる。

青龍寺は、大仏の像を中心に構成されており、青龍寺の奥には円卓座の天井があり、天井から水が流れ込んでいる。

青龍寺には、大仏像、大仏の左側の掛け壁、大仏の横壁、大仏の右側の掛け壁、大仏の松原、大仏の寺院内の門、大仏の壁などがある。

青龍寺は、昭和大仏の門から出て、階段を登り、大仏の像の前にある青龍寺殿がある。

青龍寺殿内には、大仏像を左側に望む窓、大仏の右側に望む窓、大仏の左側に望む門などがある。

青龍寺殿内には、大仏像に向かう下り坂がある。

青龍寺の敷地内には、天然物が多くある。

青龍寺は、昭和大仏のひとつの寺院である。

大仏像は、東京都内にある大仏像館にあるものの、青龍寺では、大仏の左側の掛け壁と大仏の横壁にあるものがある。

青龍寺は、昭和大仏の寺院であり、昭和大仏のひとつの寺院である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。