抱返神社


抱返神社の地図情報☜

抱返神社について

抱返り渓谷の入口にあり老杉に囲まれて荘厳な雰囲気。周囲には大石時治(抱返り渓谷を広く紹介した人)や佐藤貞子(秋田おばこを全国的に有名にした人)等の多くの石碑が建立されています。
神社由緒書によると、寛文13年抱返村(現若松地区)開村の際、水源至難の為大和国丹川上神社分霊を勧請して、水波能売神を奉斎し、延宝3年9月16日社殿及び長床を建立し抱返村の鎮守とし、例祭日としています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒014-1113 
秋田県仙北市田沢湖卒田字黒倉

電話番号

0187-53-2640

交通アクセス

(1)神代駅から車で7分

すべての基本情報を見る

神社を訪れると、そこには祖先の像や祈りの声などの数多くの入口を備えています。そして、その入口の一端には神社の祈り堂があります。この祈り堂は、平安時代から続いている伝統的な神社の一つです。

神社から見ると、そこには麻婆茶屋や米飯屋などのお店が多く、お迎えする人たちも多いのではないでしょうか。神社から徒歩5分ほどのところには、返神社と呼ばれる場所があります。そこでは、返神社を行う人たちが集まり、お迎えする場所となっています。返神社は、一年に一度開催されているそうです。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。