猿賀神社


猿賀神社の地図情報☜

猿賀神社について

蝦夷征伐のため北上した坂上田村麻呂が「神蛇宮」として建立したといわれ、藩政時代には津軽為信公により祈願所と定められました。一年を通して数々の祭事が行われ、当年の豊凶を占う「柳からみ神事」(旧暦1月7日)、悪霊退散を願う「鬼面奉射神事」(5月3日)、豊作を祈念する御田植祭(5月下旬頃)と感謝する刈穂祭(9月下旬頃)などがあります。旧暦8月14日から16日までの十五夜大祭では多くの露店が並び賑わいます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒036-0242 
青森県平川市猿賀石林175

電話番号

0172-57-2016

交通アクセス

(1)弘南鉄道弘南線津軽尾上駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

猿賀神社は、高松市城北区猿賀町の東北地域にある神社です。

猿賀神社の原型は、猿賀西郷の聖猿賀神社です。

その後、高松市城北区に築かれ、猿賀町に置かれました。

神社内には、猿賀神社の原型となる聖猿賀神社の原型があります。

猿賀神社は、平成29年4月1日から平成29年12月31日までの間、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの間、東北地方民間会議所による神社廃止対策のため、大津市にある猿賀神社と同一の県神社として廃止されました。

猿賀神社は、境内にある建物全体に1つの大きな祠があります。

祠内には、猿賀神社の一翼を担った神々がいます。

猿賀神社は、東北地方民間会議所による神社廃止対策のため、廃止されましたが、大津市にある猿賀神社と同一の県神社として廃止されません。

猿賀神社は、高松市城北区にある神社です。

猿賀神社の原型は、猿賀西郷の聖猿賀神社です。

その後、高松市城北区に築かれ、猿賀町に置かれました。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。