宝徳寺


宝徳寺の地図情報☜

宝徳寺について

明治20年春、啄木誕生の1年後、父石川一禎は、日戸村の常光寺から渋民村の宝徳寺へ栄進しました。その時、石川家の子供は、姉のサダ、トラ、妹のミツの3人姉妹と一人息子の一(はじめ:啄木)の4人でした。明治38年1月、父一禎は住職を罷免され、一家は渋民村を去りました。万年山宝徳寺は、万治元年1658年に開基され、村内一の檀家を擁しています。啄木は、この寺に幼少時代を送りました。寺はその後改築されました。かつて啄木が愛した部屋は、当時のまま保存しています。裏庭には白蘋の池がありますが、中学時代に用いた号白蘋はこれに由来しています。境内には、父一禎の墓や歌碑などがあります。また、啄木の命日にあたる4月13日には啄木忌が執り行われます。この寺の近くには、「石川啄木記念館」がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:年中無休

所在地 〒028-4132 
岩手県盛岡市渋民字渋民2-1

電話番号

019-683-2616

交通アクセス

(1)渋民駅から車で5分

(2)渋民駅から徒歩で20分

(3)盛岡駅からバスで40分(JRバス東北白樺号、県北バス沼宮内線)

啄木記念館前から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

宝徳寺は、千葉県東部の船橋市にある浄土宗高野派の寺院です。船橋市から約3kmほど東へ行くと、東海に面した砂山に囲まれた宝徳寺があります。宝徳寺は、鎌倉時代に源頼朝が開かれたと言われており、その際に立てられた寺院が宝徳寺だとされています。宝徳寺は、現在でも鎌倉時代から伝わる歴史ある伝統的な建物が多く残っています。

宝徳寺には、歴史ある建物の他にも、東海地域の文化や歴史を紹介する博物館、豊かな自然を楽しめる公園もあります。また、宝徳寺では、歴史ある伝統料理などを楽しめるレストランや、巨大な観音像などを見ることができる場所などもあります。宝徳寺は、鎌倉時代の伝統を受け継いで、現代の方々にも多くの方が訪れる素晴らしい観光スポットとなっています。
宝徳寺は、千葉県東部の船橋市にある浄土宗高野派の寺院です。船橋市から約3kmほど東へ行くと、東海に面した砂山に囲まれた宝徳寺があります。宝徳寺は、鎌倉時代に源頼朝が開かれたと言われており、その際に立てられた寺院が宝徳寺だとされています。宝徳寺は、現在でも鎌倉時代から伝わる歴史ある伝統的な建物が多く残っています。

宝徳寺には、歴史ある建物の他にも、東海地域の文化や歴史を紹介する博物館、豊かな自然を楽しめる公園もあります。また、宝徳寺では、歴史ある伝統料理などを楽しめるレストランや、巨大な観音像などを見ることができる場所などもあります。宝徳寺は、鎌倉時代の伝統を受け継いで、現代の方々にも多くの方が訪れる素晴らしい観光スポットとなっています。
宝徳寺は、千葉県東部の船橋市にある浄土宗高野派の寺院です。船橋市から約3kmほど東へ行くと、東海に面した砂山に囲まれた宝徳寺があります。宝徳寺は、鎌倉時代に源頼朝が開かれたと言われており、その際に立てられた寺院が宝徳寺だとされています。宝徳寺は、現在でも鎌倉時代から伝わる歴史ある伝統的な建物が多く残っています。

宝徳寺には、歴史ある建物の他にも、東海地域の文化や歴史を紹介する博物館、豊かな自然を楽しめる公園もあります。また、宝徳寺では、歴史ある伝統料理などを楽しめるレストランや、巨大な観音像などを見ることができる場所などもあります。宝徳寺は、鎌倉時代の伝統を受け継いで、現代の方々にも多くの方が訪れる素晴らしい観光スポットとなっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。