円通寺(青森県むつ市)


円通寺(青森県むつ市)の地図情報☜

円通寺(青森県むつ市)について

恐山菩提寺を管理している寺院。寺院移封された会津藩が斗南藩を興し,明治4年にはここに仮館がおかれた。曹洞宗,本尊は釈迦牟尼仏。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒035-0051 
青森県むつ市新町4-11

電話番号

0175-22-1091

交通アクセス

(1)下北駅から車で10分

すべての基本情報を見る

宇治国安全寺(うじこくあんぜんじ)は、青森県むつ市にある浄土宗の禅寺です。安全寺は、宇治国安全寺から「安全寺」と呼ばれることが多いです。徳川家康が宇治国安全寺を建てたのは、江戸時代前期です。安全寺は、宇治国の特権分院である禅宗の中心寺院として役割を果たしています。この寺院は、日本三大禅寺の一つである「宇治三禅寺」の一つです。

宇治国安全寺は、元禄元年(1700年)に徳川家康が建立したといわれています。その前には、宇治国安全寺の前身となる宇治国安全寺が存在していたと言われています。安全寺は、宇治国の特権分院である禅宗の中心寺院として役割を果たしています。

宇治国安全寺は、江戸時代後期から明治時代初期にかけて、宇治国安全寺を名付けた安全納邸(あんぜんのうてい)が建てられました。このお寺は、安全納邸の地下にある大規模な坑道を利用して、江戸時代から現在に至るまで維持されていると言われています。

宇治国安全寺の建物群は、青森県の文化財保護法に

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。