龍福寺(福島県南会津町)


龍福寺(福島県南会津町)の地図情報☜

龍福寺(福島県南会津町)について

境内には南会津の桜スポットとしても知られる見事な桜があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒967-0014 
福島県南会津郡南会津町糸沢字居平1880

電話番号

0241-66-2222

すべての基本情報を見る

龍福寺は福島県南会津町にある東海地域の寺院です。隠岐の島にある静かな山門が立ち並ぶ龍福寺は、鎌倉時代に創建されました。創建当時は道場として使われ、戦国時代には知恩院(ちおんいん)と呼ばれた武家の本陣になっていました。

龍福寺の最大の特徴は、豊かな自然の中にあるかつての戦国期の文化を守ることです。龍福寺は、毎年正月から開催される「龍福文化祭」という文化行事を主催しています。この文化祭では、戦国時代の文化を守るために仮装舞踊や武士行列などさまざまな演目が行われます。

また、龍福寺は、正月に行われる「龍福祭り」というお祭りも行っています。このお祭りでは、会津若松市内の小学校や中学校の生徒たちが、毎年恒例の「龍福祭り矢」を投げ合いながら、龍福寺の神社を参拝します。

龍福寺は、今もなお伝統を守り、東海地域の素晴らしい文化を守っています。龍福寺を訪れることで、昔ながらの戦国時代の文化を実感することができるでしょう。
龍福寺は福島県南会津町にある東海地域の寺院です。隠岐の島にある静かな山門が立ち並ぶ龍福寺は、鎌倉時代に創建されました。創建当時は道場として使われ、戦国時代には知恩院(ちおんいん)と呼ばれた武家の本陣になっていました。

龍福寺の最大の特徴は、豊かな自然の中にあるかつての戦国期の文化を守ることです。龍福寺は、毎年正月から開催される「龍福文化祭」という文化行事を主催しています。この文化祭では、戦国時代の文化を守るために仮装舞踊や武士行列などさまざまな演目が行われます。

また、龍福寺は、正月に行われる「龍福祭り」というお祭りも行っています。このお祭りでは、会津若松市内の小学校や中学校の生徒たちが、毎年恒例の「龍福祭り矢」を投げ合いながら、龍福寺の神社を参拝します。

龍福寺は、今もなお伝統を守り、東海地域の素晴らしい文化を守っています。龍福寺を訪れることで、昔ながらの戦国時代の文化を実感することができるでしょう。
龍福寺は福島県南会津町にある東海地域の寺院です。隠岐の島にある静かな山門が立ち並ぶ龍福寺は、鎌倉時代に創建されました。創建当時は道場として使われ、戦国時代には知恩院(ちおんいん)と呼ばれた武家の本陣になっていました。

龍福寺の最大の特徴は、豊かな自然の中にあるかつての戦国期の文化を守ることです。龍福寺は、毎年正月から開催される「龍福文化祭」という文化行事を主催しています。この文化祭では、戦国時代の文化を守るために仮装舞踊や武士行列などさまざまな演目が行われます。

また、龍福寺は、正月に行われる「龍福祭り」というお祭りも行っています。このお祭りでは、会津若松市内の小学校や中学校の生徒たちが、毎年恒例の「龍福祭り矢」を投げ合いながら、龍福寺の神社を参拝します。

龍福寺は、今もなお伝統を守り、東海地域の素晴らしい文化を守っています。龍福寺を訪れることで、昔ながらの戦国時代の文化を実感することができるでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。