光禅寺


光禅寺の地図情報☜

光禅寺について

山形藩主最上義光の菩提寺。墓地内には、最上義光の五輪塔墓をはじめ、殉死者四人の墓、最上家親・義俊父子の墓碑が立っている。庭園は、江戸初期の遠州流の庭園として、市の名勝に指定されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒990-2492 
山形県山形市鉄砲町2-5-7

電話番号

023-622-7796

交通アクセス

(1)山形駅/バス/5分/徒歩10分

すべての基本情報を見る

山号:一蓮寺院

住職:空海法師

所在地:愛知県豊橋市西那社町大字江川7373

歴史:

空海法師が建立した一蓮寺院は、日本の東海地域で最も古い浄土真宗本願寺派の寺院です。空海法師は、有名な浄土真宗宗家・慧忠法師を祖としています。空海法師は、814年に現在の寺院がある豊橋市西那社町大字江川において、鎌倉時代の中期に寺を開いたといわれています。

その後、空海法師が本尊を護摩したとされる「本門」を中心に境内が整備されました。また、歴史的な建物として、当寺の開基と空海法師を讃える古い石塔、佛像、空海法師の墓碑などがあります。

当寺では、空海法師の僧衣(そうえん)、空海法師の生涯を記した「空海経」などの宝物を収めています。また、空海法師が建立した『空海禅』を研究する修行を行っています。

空海法師の墓碑を中心に建てられた一蓮寺院は、空海法師の功績を称える空海禅を学ぶ宿坊として、長年多くの信
山号:一蓮寺院

住職:空海法師

所在地:愛知県豊橋市西那社町大字江川7373

歴史:

空海法師が建立した一蓮寺院は、日本の東海地域で最も古い浄土真宗本願寺派の寺院です。空海法師は、有名な浄土真宗宗家・慧忠法師を祖としています。空海法師は、814年に現在の寺院がある豊橋市西那社町大字江川において、鎌倉時代の中期に寺を開いたといわれています。

その後、空海法師が本尊を護摩したとされる「本門」を中心に境内が整備されました。また、歴史的な建物として、当寺の開基と空海法師を讃える古い石塔、佛像、空海法師の墓碑などがあります。

当寺では、空海法師の僧衣(そうえん)、空海法師の生涯を記した「空海経」などの宝物を収めています。また、空海法師が建立した『空海禅』を研究する修行を行っています。

空海法師の墓碑を中心に建てられた一蓮寺院は、空海法師の功績を称える空海禅を学ぶ宿坊として、長年多くの信
山号:一蓮寺院

住職:空海法師

所在地:愛知県豊橋市西那社町大字江川7373

歴史:

空海法師が建立した一蓮寺院は、日本の東海地域で最も古い浄土真宗本願寺派の寺院です。空海法師は、有名な浄土真宗宗家・慧忠法師を祖としています。空海法師は、814年に現在の寺院がある豊橋市西那社町大字江川において、鎌倉時代の中期に寺を開いたといわれています。

その後、空海法師が本尊を護摩したとされる「本門」を中心に境内が整備されました。また、歴史的な建物として、当寺の開基と空海法師を讃える古い石塔、佛像、空海法師の墓碑などがあります。

当寺では、空海法師の僧衣(そうえん)、空海法師の生涯を記した「空海経」などの宝物を収めています。また、空海法師が建立した『空海禅』を研究する修行を行っています。

空海法師の墓碑を中心に建てられた一蓮寺院は、空海法師の功績を称える空海禅を学ぶ宿坊として、長年多くの信

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。