土津神社


土津神社の地図情報☜

土津神社について

土津神社は会津藩初代藩主、保科正之公を祀っています。

江戸時代から400年近い歴史があり、境内はとても澄み、神聖な雰囲気が漂う場所です。
ぜひ、会津藩や歴史ファンに訪れてほしい場所です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒969-3102 
福島県耶麻郡猪苗代町見祢山1

電話番号

0242-62-2160

交通アクセス

(1)猪苗代駅から10分

すべての基本情報を見る

福島県南相馬市にある、権現津神社(ごんづじんじゃ)は、土津神社(どづじんじゃ)とも呼ばれています。

権現津神社は、箱根登山口を出発して、東海道五十三次の金谷行の一つである金谷権現宮を登り、最後に権現宮から約20分ほど歩いて行くと本殿があるところにあります。権現宮を登ることで、山の神社を見学でき、権現宮と権現津神社とを結ぶ山道を歩いていく楽しさもあります。

権現津神社は、平安時代に建立されたと言われていますが、実際の建立時期は不明です。権現津神社には、権現神を祀っています。権現神は、福島県の祖神であり、平安時代から建立された神社は多数存在します。権現津神社は、福島県の地域神社として知られています。権現津神社は、福島県内の各地にある権現神社の大本山として知られています。

権現津神社には、正殿、三重森、石碑、社宅などがあります。また、権現津神社では、毎年6月3日に行われる権現津神社例大
福島県南相馬市にある、権現津神社(ごんづじんじゃ)は、土津神社(どづじんじゃ)とも呼ばれています。

権現津神社は、箱根登山口を出発して、東海道五十三次の金谷行の一つである金谷権現宮を登り、最後に権現宮から約20分ほど歩いて行くと本殿があるところにあります。権現宮を登ることで、山の神社を見学でき、権現宮と権現津神社とを結ぶ山道を歩いていく楽しさもあります。

権現津神社は、平安時代に建立されたと言われていますが、実際の建立時期は不明です。権現津神社には、権現神を祀っています。権現神は、福島県の祖神であり、平安時代から建立された神社は多数存在します。権現津神社は、福島県の地域神社として知られています。権現津神社は、福島県内の各地にある権現神社の大本山として知られています。

権現津神社には、正殿、三重森、石碑、社宅などがあります。また、権現津神社では、毎年6月3日に行われる権現津神社例大

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。