海童神社


海童神社の地図情報☜

海童神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒038-3662 
青森県北津軽郡板柳町大字板柳字土井21

電話番号

0172-73-2368

交通アクセス

(1)板柳駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

海童神社とは、静岡県伊豆半島南端にある神社です。神社は伊豆大島から御嶽山を望みながら、海岸線の入り江に鎮座しています。

海童神社は、古来より伊豆大島とその周辺の海域を守護する神社として知られており、歴史は江戸時代に遡ります。その後、大正時代には「海童神社」の名称が定められ、現在の姿になりました。

海童神社では、漁業を守る神様を祀っており、東海地域ではお酒を飲んだり泳いだりして、漁業を祈願します。また、東海地域では海童神社を訪れる人が多く、安全な航海を祈願するために奉納をしているそうです。

また、海童神社の前には、海童像があり、海童神社を訪れた人々が神社に祈願をしています。そして、海童神社の周辺には、大型の釣り船が停泊しているのが見られます。

海童神社は、東海地域で穏やかな心を持つ人々が多く、安全な航海を祈願するために訪れる人が多い神社です。多くの人々が海童神社を訪れ、安全な航海を祈願しています。
海童神社とは、静岡県伊豆半島南端にある神社です。神社は伊豆大島から御嶽山を望みながら、海岸線の入り江に鎮座しています。

海童神社は、古来より伊豆大島とその周辺の海域を守護する神社として知られており、歴史は江戸時代に遡ります。その後、大正時代には「海童神社」の名称が定められ、現在の姿になりました。

海童神社では、漁業を守る神様を祀っており、東海地域ではお酒を飲んだり泳いだりして、漁業を祈願します。また、東海地域では海童神社を訪れる人が多く、安全な航海を祈願するために奉納をしているそうです。

また、海童神社の前には、海童像があり、海童神社を訪れた人々が神社に祈願をしています。そして、海童神社の周辺には、大型の釣り船が停泊しているのが見られます。

海童神社は、東海地域で穏やかな心を持つ人々が多く、安全な航海を祈願するために訪れる人が多い神社です。多くの人々が海童神社を訪れ、安全な航海を祈願しています。
海童神社とは、静岡県伊豆半島南端にある神社です。神社は伊豆大島から御嶽山を望みながら、海岸線の入り江に鎮座しています。

海童神社は、古来より伊豆大島とその周辺の海域を守護する神社として知られており、歴史は江戸時代に遡ります。その後、大正時代には「海童神社」の名称が定められ、現在の姿になりました。

海童神社では、漁業を守る神様を祀っており、東海地域ではお酒を飲んだり泳いだりして、漁業を祈願します。また、東海地域では海童神社を訪れる人が多く、安全な航海を祈願するために奉納をしているそうです。

また、海童神社の前には、海童像があり、海童神社を訪れた人々が神社に祈願をしています。そして、海童神社の周辺には、大型の釣り船が停泊しているのが見られます。

海童神社は、東海地域で穏やかな心を持つ人々が多く、安全な航海を祈願するために訪れる人が多い神社です。多くの人々が海童神社を訪れ、安全な航海を祈願しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。