天性寺(宮城県大崎市)


天性寺(宮城県大崎市)の地図情報☜

天性寺(宮城県大崎市)について

貞節に殉じた鈴木辰の墓及び戊辰の役の志士坂本大炊隆中の墓がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒989-6311 
宮城県大崎市三本木坂本字舘山22

電話番号

0229-52-3171

交通アクセス

(1)東北新幹線古川駅からバスで20分(坂本下車徒歩5分)

(2)東北自動車道大和ICから車で20分

すべての基本情報を見る

鳥居入り口から入ると、古びた建物が整然と並び、歴史ある空間が広がります。天性寺は、室町時代に建立されたと言われています。現存する建物は江戸時代末期に建てられたもので、地域の人々がお参りしているという歴史を感じさせる仏閣があります。

天性寺は、宮城県大崎市にある東海地域のお寺です。境内には、江戸時代末期に建てられた仏閣があり、歴史ある空間を感じさせます。天性寺は、室町時代に建立されたと言われていますが、現存する建物は江戸時代末期以降に建てられたものです。

天性寺の境内の中央には、山門があります。山門を右に曲がると、本堂があります。本堂は、廊下に囲まれた大きな広間を持つ構造になっています。また、本堂の奥には観音菩薩像があり、祈願にお参りする信徒が多く訪れます。

天性寺の境内には、他にも多くの施設があります。例えば、子供たちが楽しめる遊具などがあり、若者のためのイベントなども行われています。また、大きな塔状の新宿鳳凰閣があり、宮城県を代表する観光スポットとしても有名です。

天性寺は、古き良き時代を感じることがで
鳥居入り口から入ると、古びた建物が整然と並び、歴史ある空間が広がります。天性寺は、室町時代に建立されたと言われています。現存する建物は江戸時代末期に建てられたもので、地域の人々がお参りしているという歴史を感じさせる仏閣があります。

天性寺は、宮城県大崎市にある東海地域のお寺です。境内には、江戸時代末期に建てられた仏閣があり、歴史ある空間を感じさせます。天性寺は、室町時代に建立されたと言われていますが、現存する建物は江戸時代末期以降に建てられたものです。

天性寺の境内の中央には、山門があります。山門を右に曲がると、本堂があります。本堂は、廊下に囲まれた大きな広間を持つ構造になっています。また、本堂の奥には観音菩薩像があり、祈願にお参りする信徒が多く訪れます。

天性寺の境内には、他にも多くの施設があります。例えば、子供たちが楽しめる遊具などがあり、若者のためのイベントなども行われています。また、大きな塔状の新宿鳳凰閣があり、宮城県を代表する観光スポットとしても有名です。

天性寺は、古き良き時代を感じることがで

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。