山神社(小牛田のやまのかみさま)


山神社(小牛田のやまのかみさま)の地図情報☜

山神社(小牛田のやまのかみさま)について

1141年摂津国の住人であった現宮司家の祖が勧請したのが始まりと伝えられています。その後、1571年宮司家の祖が様々な経緯により、御神体を平泉に奉遷する道中に小牛田へ宿を取ることになりました。そして、旅立とうとすると御神体を持った者が動けなくなり、それが一度だけでなく何度もなった為、宮司家の祖は御神体がこの地に鎮め祀る事を望んでいると考え、小牛田の地に住み、1575年祠を建て御神体を鎮め祀り、大正6年に現在地に遷座しました。宮城県はもとより東北一円、古くは伊達家からも参拝に訪れ、安産・子授けの神様と広く知られた美里町の象徴「おまくら発祥の地」「小牛田のやまのかみさま」として親しまれています。

山神社は、安産・子授けの御守「おまくら(神枕)」を受けて、祈願成就のあかつきには倍にして納める習わし「倍返し」の発祥の地でもあります。主祭神は木花佐久夜比賣命(コノハナサクヤヒメノミコト)で、天照大神(オマテラスオオミカミ)、誉田別命(ホンダワケノミコト)、大山咋命(オオヤマクイノミコト)神々が合祀されています。旧暦の3月12日と10月12日には例大祭が斎行されるほか、宮城県北地域でも最大級のどんと祭が1月14日に行われております。

又敷地内には約130種1000株の紫陽花が植えられており、6月~7月頃には紫陽花観賞が楽しめます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~16:00

所在地 〒987-0004 
宮城県遠田郡美里町牛飼字斉の台37

電話番号

交通アクセス

(1)東北本線小牛田駅から徒歩で5分(徒歩20分)

(2)東北自動車道古川ICから車で30分

すべての基本情報を見る

山神社は、小牛田のやまのかみさま(東海地域)にある神社です。

建てられたのは、平安時代になってからのことで、小牛田のやまのかみさまが信仰する神で、東海地方では最も優れた神社として知られています。

山神社の内部には、多くの神社に対しての供物を置いているということで、まさに神社の数々が集まっているような感覚があります。

また、山神社の前には、小牛田のやまのかみさまの親戚によって作られた牛の谷があり、そこに牛が数千頭の場所があります。

このような感覚に溢れた神社ですので、是非、その数々を見に行ってみてください。
山神社は、小牛田のやまのかみさま(東海地域)にある神社です。

建てられたのは、平安時代になってからのことで、小牛田のやまのかみさまが信仰する神で、東海地方では最も優れた神社として知られています。

山神社の内部には、多くの神社に対しての供物を置いているということで、まさに神社の数々が集まっているような感覚があります。

また、山神社の前には、小牛田のやまのかみさまの親戚によって作られた牛の谷があり、そこに牛が数千頭の場所があります。

このような感覚に溢れた神社ですので、是非、その数々を見に行ってみてください。
山神社は、小牛田のやまのかみさま(東海地域)にある神社です。

建てられたのは、平安時代になってからのことで、小牛田のやまのかみさまが信仰する神で、東海地方では最も優れた神社として知られています。

山神社の内部には、多くの神社に対しての供物を置いているということで、まさに神社の数々が集まっているような感覚があります。

また、山神社の前には、小牛田のやまのかみさまの親戚によって作られた牛の谷があり、そこに牛が数千頭の場所があります。

このような感覚に溢れた神社ですので、是非、その数々を見に行ってみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。