聖寿寺(聖寿禅寺)


聖寿寺(聖寿禅寺)の地図情報☜

聖寿寺(聖寿禅寺)について

南部家菩提寺であり、お亀地蔵、横川省三の墓があります。また盛岡市指定の重要文化財に指定されているマリア観音が所蔵されています。五重塔は1805年に南部藩主により当時5千両の大金で建立されたもので、江戸の谷中の五重塔を真似て作られたものであり古い盛岡城下図面にも描かれています。その五重塔の中にあるお亀地蔵は南部の殿様の側室であった亀姫の身代わり地蔵と伝えられていて子安地蔵尊・安産の地蔵として知られるようになりました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒020-0061 
岩手県盛岡市北山2-12-15

電話番号

019-661-3642

交通アクセス

(1)盛岡駅からバスで15分

一高前下車から徒歩で20分

(2)盛岡駅からバスで10分(盛岡駅東口12番線県立中央病院循環線(土日休日運休)県立中央病院前下車)

県立中央病院前バス停から徒歩で5分

(3)盛岡駅からタクシーで10分

すべての基本情報を見る

聖寿寺は、東北地域にある寺の一つで、禅僧の修行を中心に建立されたものです。聖寿寺には、禅寺としての教育の為に建設された寺院や禅寺院のみならず、修行者を寄せ付けるための村や、修行者同士の出会いのための交流会など、様々な機能があります。また、本寺には、心霊館としても有名で、修行者が行くための体験場としても使われています。

聖寿寺は、東北地域にある寺の中でも、修行者の多くが見学するために選ばれた寺です。また、寺院内には、修行者同士の交流会や体験場などが数多くあり、見学するにはもってもいい場所となっています。

聖寿寺は、東北地域にある寺の一つです。その中でも、修行者の多くが見学するために選ばれた寺です。また、寺院内には、修行者同士の交流会や体験場などが数多くあり、見学するにはもってもいい場所となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。