八葉山天台寺


八葉山天台寺の地図情報☜

八葉山天台寺について

奈良時代の神亀5年(728)に開山した東北最古の名刹。糠部三十三所観音巡礼の第三十三番礼所。 5月と10月の例大祭が行われます。 東北鉈彫仏の最高傑作といわれるご本尊・聖観音立像をはじめ、本堂、仁王門、木造十一面観音立像が国の重要文化財に指定されています。かつて、境内にあった直径5m、周囲役15mの杉は消失したものの、焼け跡から忠実な測量で復元した杉(姥杉)の大きさは見る者を圧倒します。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒028-6942 
岩手県二戸市浄法寺町御山久保33-1

電話番号

0195-38-2500

交通アクセス

(1)二戸駅からバスで25分

天台寺バス停から徒歩で30分

(2)浄法寺ICから車で5分

すべての基本情報を見る

まずは、寺とは、どのようなものでしょうか。寺は、古くから日本人にとって重要な場所です。宗教的な意味を持つ寺は、神社や仏教のみならず、功徳院や修行場などもあります。寺の形は、様々なものがあります。例えば、大寺、小寺、寺院、仏壇、寺院の中にある寺院のほか、寺院の下にある裏側の寺院などもあります。寺は、平和な空間で、人々と交流する場所として重要な役割を果たしています。

寺院の中には、寺廟と呼ばれるものもあります。寺廟は、寺院の中にある、そのままの空間で、修行や祈りをする場所です。寺廟は、特に寺院が小さい場合は、祭壇や祈り堂などがあり、大寺や寺院と比較して、多くの装飾品があります。

寺院の中には、僧侶が住んでいる場所もあります。僧侶は、寺院の中で修行を続けている人たちなので、寺院の中でお互いに修行に励んでいるということが多くあります。僧侶たちは、寺院の中でお互いの修行に励んでいるとともに、寺院内の人々と交流をしています。僧侶たちは、寺院の中でお互いに助け合っているということも多くあります。

寺院も、社会において重要な役割を

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。