隠津島神社


隠津島神社の地図情報☜

隠津島神社について

隠津島神社の発祥は古く、大同年間(806年)に平城天皇の勅願により弁天堂が建立され、神仏混淆の杜となり、以来、「木幡の弁天様」として歴世の国主、藩主、武将、さらには庶民にいたるまで厚い信仰を集め親しまれてきたが、天正13年(1585年)伊達政宗の兵火により、三重塔のみを残し、本社・末社のことごとくが炎上し焼土と化した。 現在の本殿・拝殿は二本松藩主丹羽長貴公の命により寛政元年(1789年)造営始めとなり、拝殿は寛政6年(1794年)5月竣工、本殿は12年(1800年)、実に12年もの歳月を要し4月竣功となり遷宮を行った。 明治期の神仏分離令による混乱はあったものの「弁天さま」の厚い信仰は今なお続いている。 弁天様は、梵天王の妃弁舌知恵の神、また招福・音楽の神として妙音天の名があり、宝冠青衣で琵琶を弾じ容色勝れているとされていることから縁結びの神として信仰されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒964-0203 
福島県二本松市木幡字治家49

電話番号

0243-46-2869

交通アクセス

(1)二本松ICから車で35分

すべての基本情報を見る

神社の説明

神社は、津島神社です。津島神社は、津軽海峡にある神社です。津島神社は、南北朝鮮戦争において、日本軍との抗争に参加しました。津島神社は、戦後、日本人の祖先の記念になりました。

神社内には、伏見殿、護国神社、紀伊國屋神社、鎌倉院神社などがあります。津島神社は、山間部にあるため、夕焼けが見られることが多く、津軽海峡の美しさを見ることができます。

神社内には、伏見殿、護国神社、紀伊國屋神社、鎌倉院神社などがあります。津島神社は、山間部にあるため、夕焼けが見られることが多く、津軽海峡の美しさを見ることができます。 神社内には、伏見殿、護国神社、紀伊國屋神社、鎌倉院神社などがあります。津島神社は、山間部にあるため、夕焼けが見られることが多く、津軽海峡の美しさを見ることができます。 神社内には、伏見殿、護国神社、紀伊國屋神社、鎌倉院神社などがあります。津島神社は、山間部にあるため、夕焼けが見られることが多く、津軽海峡の美しさを見ることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。