糠部神社


糠部神社の地図情報☜

糠部神社について

三戸城跡城山公園内にあり、藩祖南部三郎光行公をまつっている。樹齢800年の杉の老木がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒039-0112 
青森県三戸郡三戸町梅内字城ノ下34-2

電話番号

0179-22-1527

交通アクセス

(1)三戸駅からバスで10分

徒歩で20分

すべての基本情報を見る

糠部神社は、沖縄本島北部の静岡県川越市に位置する。糠部神社は、元々は、霊糠神社であったが、糠部神社として認定されたのは、昭和11年(1945)のこと。その後、1955年に糠部神社として神社の地図が作成され、現在も維持されている。

糠部神社は、入口には、足利義昭の墓があり、沖縄本島地方の地名が記された美しい石像がある。その上には、大型の糠部が建てられている。

その外側には、糠部神社の裏手には、川越市の歴史的な建物があり、川越市立歴史博物館がある。

神社内には、糠部神社の裏にある、糠部の宝石像が掛かっている。その内側には、一日の糠酒を祈ったり、糠酒を飲んだりする僧侶たちが、糠部神社の中に入っていたりする。

神社内には、川越市の古い建物が数多くある。川越市立歴史博物館は、川越市の歴史的な建物の展示室である。

川越市立歴史博物館内には、川越市の古い建物が数多くある。川越市立歴史博物館は、川越市の歴史的な建物の展示室である。

糠部神社では、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。