鳥海月山両所宮


鳥海月山両所宮の地図情報☜

鳥海月山両所宮について

源頼義の建立と伝えられている。本殿、城輪神社社殿は市指定有形文化財に、随神門は県指定文化財に指定されている。
特殊神事として全国唯一の作試し神事「ごくだめし」があり、市の無形文化財になっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒990-0057 
山形県山形市宮町3-8-41

電話番号

023-623-0460

交通アクセス

(1)北山形駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

鳥海月山両所宮は、東北地域にある特別な両所宮。

鳥海月山は、日本最高峰の視覚景観地であることから、様々な神話が流れています。

その中でも、両所宮の名前が挙げられるのは、「鳥海月山両所宮」です。

両所宮の名前は、鳥海月山から流れてくる月の光のみが使われています。

そのため、その名前の通り、夜景に見られる月の光のみが、両所宮の魅力です。

両所宮は、東北地域にある特別な両所宮。

鳥海月山は、日本最高峰の視覚景観地であることから、様々な神話が流れています。

その中でも、両所宮の名前が挙げられるのは、「鳥海月山両所宮」です。

両所宮の名前は、鳥海月山から流れてくる月の光のみが使われています。

そのため、その名前の通り、夜景に見られる月の光のみが、両所宮の魅力です。

両所宮は、東北地域にある特別な両所宮。

鳥海月山は、日本最高峰の視覚景観地であることから、様々な神話が流れています。

その中でも、両所宮の名前が挙げられるのは、「鳥海月山両所宮」です。

両所宮の名前は、鳥海月

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。