長谷寺(宮城県登米市)


長谷寺(宮城県登米市)の地図情報☜

長谷寺(宮城県登米市)について

奥州霊場24番札所。木像十一面観世音菩薩立像、昭和51年4月1日、市指定。本堂には本尊である十一面観世音菩薩が安置されているが、33年毎に御開帳するため、次の御開帳は平成35年となる。また、坂上田村麻呂が描かれている絵馬額など多くの占い絵馬額が残っている。境内には、源義経が平泉に下ったときに当院を訪ね植えたと伝えられている市の天然記念物の遮那桜がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒987-0611 
宮城県登米市中田町浅水字長谷山288

電話番号

交通アクセス

(1)東北本線瀬峰駅からバスで60分

(2)三陸自動車道登米ICから車で20分

すべての基本情報を見る

長谷寺は宮城県登米市にある登米市立歴史博物館の設立者である長谷川正義氏の名前にもある。登米市にある歴史博物館では、長谷川正義氏が中心となって開発した「日本文化圏の認識と認定」を中心とした地域歴史的調査に基づく全国的な歴史認識計画を打ち立て、登米市における日本文化の現状を知ることができる。また、長谷寺は登米市にある歴史博物館では、長谷川正義氏の著書「日本の文化遺産」などの教育活動にも携わる。

長谷寺は、宮城県登米市の北西に位置する。長谷寺には、歴史博物館、図書館、学校、住宅などがあり、約2000人が暮らす。長谷寺は、宮城県登米市にある歴史博物館では、長谷川正義氏が中心となって開発した「日本文化圏の認識と認定」を中心とした地域歴史的調査に基づく全国的な歴史認識計画を打ち立て、登米市における日本文化の現状を知ることができる。また、長谷寺は登米市にある歴史博物館では、長谷川正

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。