戸沢神社


戸沢神社の地図情報☜

戸沢神社について

戸沢神社は明治26年創建にかかり、翌27年に完成。戸沢家始祖衡盛と藩祖政盛、十一代正実が祭神として祀られている。

かつては新庄城が築かれ藩政の中心であったが、戊辰戦争の折に焼失。現在は戸沢神社、護国神社、天満神社を配し、一帯が最上公園として整備され、桜とお堀が見事な景観を生む桜の名所でもある。

ちなみに、戊辰戦争に官軍の旗印として与えられた菊花御紋の旗が宝物として保存されているが、この旗は靖国神社と戸沢神社にしかないと言われている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒996-0085 
山形県新庄市堀端町6-86

電話番号

0233-22-1451

交通アクセス

(1)新庄駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

日本の寺院は、建てられた時代によって多種多様な形態をしています。その中でも、神社が挙げられるのが、その東北地域です。日本の神社は、寺院ともに、宗教的意味や文化的意味を持ち、その敬虔さや神聖さを誇っています。そのため、日本の神社を訪れる際、東北地域の神社を通じてみると、さまざまな情報が入ります。

そこで、今回は、日本の神社で有名な、沢神社を詳しく紹介していきたいと思います。

沢神社は、東北地域にある寺院の1つです。本殿と西殿とがあり、各殿にはそれぞれ特徴があります。本殿には、天球沢山の神様と、地球沢山の神様が祀られています。また、西殿には、小さな沢神社が祀られています。

沢神社は、日本の神社の中でも、長寿と幸運を祈る神社です。ぜひ、沢神社を訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。