清滝不動尊


清滝不動尊の地図情報☜

清滝不動尊について

古川地域清滝地区は、地質構造上滝が多く、地区内には48の滝があったと伝えられています。杉の木立におおわれた不動尊の堂宇を中心に相対して二つの滝があり、これが男滝と女滝です。 いずれも水位落差1m内外ですが、四季を通じて気象の変化に左右されることなく、常に一定の水量を保っているのが特徴です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒989-6244 
宮城県大崎市古川清滝字清水側

電話番号

交通アクセス

(1)東北新幹線古川駅からバスで40分(清水沢下車徒歩30分)

(2)東北自動車道古川ICから車で30分

すべての基本情報を見る

清滝不動尊は東北地方にあるお寺です。本堂は、安元2年(1390年)に福島県会津若松市を拠点として福島県阿武町に開かれたといわれています。本尊は不動明王で、山号は麓山山頂にある荒川清滝の名を冠しています。

清滝不動尊は、荒川清滝を背景に、本堂、観音堂、大雄寺、三千世界堂、鳳凰堂などの大小の殿堂や書院などを有し、約100年前に建てられた仏閣もあります。更に、地元の信仰者によって、豊かな芝生や植樹、歩道などを整備しています。

清滝不動尊は、全国各地から信仰者が訪れるベテランのお寺で、多くの名勝として知られています。特に、毎年5月に行われる「荒川清滝不動尊合掌供養」は、有名な信仰行事です。この行事は、清滝不動尊の僧侶や信仰者が、荒川清滝で自分の身と心を洗い流し、不動明王の加護を得るために行われます。

清滝不動尊は、東北地方の文化的な象徴として、多くの信仰者から慕われています。また、不動明王をお祀りしていることから、地元の人々にとっ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。