東陽寺(宮城県登米市)


東陽寺(宮城県登米市)の地図情報☜

東陽寺(宮城県登米市)について

原田甲斐ゆかりの寺。原田甲斐の首を、裏庭のイチョウの木を目印に密葬したと伝えられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒987-0902 
宮城県登米市東和町米谷字越路83

電話番号

交通アクセス

(1)東北本線瀬峰駅からバスで60分(徒歩15分)

(2)三陸自動車道三滝堂ICから車で5分

すべての基本情報を見る

東陽寺は登米市にある寺院で、登米市の中心部に位置しています。東陽寺は、室町時代に創建されたとされる歴史あるお寺です。境内には、登米市の百五十八箇所の社を祀る社殿があり、お祭りが多く行われています。お寺の本尊は、金剛力士造像で、開基は明治十五年(1882年)となっています。また、毎月第1日曜日には、登米の大きなお祭り「東陽寺例大祭」が開催されます。お祭りでは、仏教関係のお供え物を行う他、様々な踊りや芸能などが行われます。

また、東陽寺は東北を代表するお寺としても有名で、多くの信仰者が訪れます。東陽寺は、室町時代の様式を現代によみがえらせた施設としても知られており、国宝に指定された「五重塔」をはじめ、境内には豊富な文化財も存在します。

東陽寺は、宮城県登米市内に位置し、歴史あるお寺です。毎月第一日曜日には、東陽寺例大祭が開催されており、東北を代表するお寺として有名です。境内には、室町時代の様式を現代によみがえらせた施設や、国宝に指定され

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。