青苗言代主神社


青苗言代主神社の地図情報☜

青苗言代主神社について

第61回の神宮式年遷宮により御下賜になった月讀宮を復元したものである。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒043-1521 
北海道奥尻郡奥尻町青苗

電話番号

交通アクセス

(1)奥尻港からバスで30分

すべての基本情報を見る

青苗言代主神社は、北海道の寺です。北海道の有名な観光地のひとつであり、山の入口へと続く道を歩いていくと、心地良い自然風景が広がります。その道を歩いていくと、手前の杉林の中にある山門が現れます。山門を右に曲がると、木々に覆われた小さな神社があります。それが青苗言代主神社です。

青苗言代主神社は、北海道では珍しい深龍山神社です。深龍山神社とは、古くから伝わる古来神道である神仏習合の宗教であり、山の神を祀る神社です。この神社では、豊かな景色を望むことができます。青苗言代主神社は、深龍山神社の中でも特に神秘的な雰囲気を持つ神社として有名です。

青苗言代主神社では、毎月第2日曜日に行われている祭礼などがあります。祭礼では、山神を祀る祭壇の修理なども行われます。また、山神を祀る樹木を植えたり、家族の記念碑を建てたりする行事も行われます。毎年7月17日には、特別な祭礼が行われます。祭礼では、青苗言代主神社の神主が、山神を祀る神輿を担いで歩

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。