石狩弁天社


石狩弁天社の地図情報☜

石狩弁天社について

創立1694年(元禄7)、鮭の豊漁を願って建てられた300年の歴史を誇る市内最古の建物。主神は弁天様のほかに、石狩川の主を神格化「妙亀法鮫」通称サメ様が奉られています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開日:見学のときは(一社)石狩観光協会(TEL:0133-62-4611)へ連絡を。

所在地 〒061-3372 
北海道石狩市弁天町18番地

電話番号

交通アクセス

(1)JR札幌駅から車で50分

すべての基本情報を見る

石狩弁天社は北海道にある山門式神社で、その名前は「石狩弁天宮」の意味である。石狩弁天社は古代に石狩湾の近くにある馬原村にあったとされている。石狩弁天社は古くから神社として知られており、豊作境内の神様の加護を祈願している。石狩弁天社には境内にある正倉院(社殿)、石狩社殿、石狩社の鳥居、石狩社の鳥居から出入りする門、本殿、神官室などがあり、神社の施設が完成されている。石狩弁天社は、最も古い神社の1つとして知られている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。