錦山天満宮


錦山天満宮の地図情報☜

錦山天満宮について

 明治18年、19年、九州各県・山口・広島・岡山・鳥取の各県から野幌屯田兵の入植により、原始の密林を開拓し入植者の「心のよりどころ」として明治22年伊勢皇大神宮から御分霊を奉斎して祭祀したのが始まりで昭和62年には御鎮座100年を迎えることとなりました。当時「錦山神社」として、野幌地域の鎮守、五穀豊穣の神として崇拝されておりました。
 昭和48年、九州太宰府天満宮から菅原道真公の御分霊を奉斎して、錦山天満宮と改名して以来「天神さま」の御神徳を仰ぎ今日に至ります。平成2年には、太宰府天満宮より御神納の梅の苗木を賜り、境内には梅園が造成されました。
 また、受験シーズンになると、近くの中学・高校生をはじめ道内各地の受験生が合格祈願に訪れます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒069-0817 
北海道江別市野幌代々木町38番地1

電話番号

011-383-2467

交通アクセス

(1)JR野幌駅から12分

すべての基本情報を見る

錦山天満宮は、北海道の登別市にある神社です。この神社は、多くの仏壇や社殿、桜の季節には約三千本の桜が咲き誇ることで有名な神社です。

錦山天満宮は、北海道で最も古い神社で、元寇の年間に登別の周辺に近い地域に開かれたと言われています。現在では、錦山天満宮の建物は、昭和六十五年に登別市の名護神である藤原家氏の遺志により、現在のように完成しています。

錦山天満宮には、多くの祭礼が行われています。最も有名なのは、五月の元日に行われる「錦山祭り」です。この祭りでは、社殿や仏壇のある境内に紅葉や桜の花が咲き乱れ、多くの人が訪れます。

錦山天満宮は、浄土真宗本願寺派の大本山である錦山天満宮を参拝したり、年間を通して行われる祭礼や講演会なども開催しています。また、錦山天満宮は、毎年桜の開花を祝う「桜祭り」も開催しています。

錦山天満宮は、古き良き伝統を守りながら、未来へと繋がる神社です。今後も多くの人々が訪れ、本来の宗教

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。