太郎代天曝観音


太郎代天曝観音の地図情報☜

太郎代天曝観音について

西国三十三箇所霊場内にある「太郎代天曝観音」は戦前、石狩浜のサケ漁業と北洋漁業で活躍した吉田庄助氏が、故郷新潟の太郎代浜村から昭和10年に太郎代天曝観音のご分身を迎え安置したものです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒061-3372 
北海道石狩市弁天町18番地

電話番号

交通アクセス

(1)JR札幌駅から車で50分

すべての基本情報を見る

青森県野辺地町にある、日本有数の名刹「太郎代天曝観音」は、豊かな自然と芸術性に満ちた美しい寺です。

太郎代天曝観音は、10世紀に来日したインドの僧たちによって建立されたと言われています。建物は東西に長く伸びており、木造の建物である三重塔は数多くの美しい彫刻や彩色が施されています。また、山の中腹にある巨大な石像も特徴的で、地元の人々が愛し続けています。

太郎代天曝観音は、礼拝堂、大仏殿、本堂、仏壇の建物、大社、仏足堂など、多くの建物があります。その他にも、豊かな自然と共に様々なイベントが開催されています。特に祭りが盛大に振る舞われることで知られています。

太郎代天曝観音は、北海道の魅力を体感できる場所であり、観光客も多く訪れ、知る人ぞ知る美しい寺です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。