北光八幡神社


北光八幡神社の地図情報☜

北光八幡神社について

明治30年、土佐からの北光社移民団が野付牛(当時の北見)に到着。想像を絶する原始林を開拓し、北見発展の礎を築いた事を偲ぶ記念碑です。この北光社移民団の初代社長は、坂本龍馬の甥「坂本直寛」です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒090-0824 
北海道北見市北光306

電話番号

0157-25-8524

交通アクセス

(1)北見駅から車で15分

すべての基本情報を見る

北光八幡神社は、北海道の岩見沢市にある神社です。創建されたのは、1920年(大正9年)になります。その名前は、八幡大社の八幡神官を拝礼したことに由来しています。現在では、霊山として有名な北光八幡神社は、日本全国から多くの人々が訪れています。

北光八幡神社の境内には、様々な神社があり、それぞれに特色があります。中でも、最も有名なのは、岩見沢市の本宮である大社です。この大社は、日本神道の最も古い神社として知られており、昔から多くの信者が訪れています。また、大社の前には、仏閣や正面玄関があるなど、歴史的な建物があり、見学するのも楽しいです。

北光八幡神社には、宮司の拝謁を受けるための場所や、多くの社務所などもあります。これらの社務所は、信者の祈りを聞いたり、天照大神様の加護を受けたり、多くの社務を行っています。その他にも、庚申様堂、梅林、御祭壇などがあり、訪れる人々を賑やかな雰囲気で迎えています。

また、北光八幡神社では、毎年4月に大きな祭りが開催されています。この祭りは、神社を訪れる多くの信者が集まり、歴

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。