上砂川神社


上砂川神社の地図情報☜

上砂川神社について

大正8年川口、澤田、大櫛、中田各氏が発起人となり、裏山頂上に祠を建立し天照皇大神を祠りたるに始まる。昭和18年4月1日上砂川神社創立申請を川口常作等発起人提出。同年7月16日公称許可を得、昭和21年8月1日上砂川神社規則承認を得、昭和29年3月1日宗教法人上砂川神社設立承認を得、同年3月25日登記の完了。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒073-0201 
北海道空知郡上砂川町上砂川町中央北2条5丁目2-23

電話番号

すべての基本情報を見る

北海道にある上砂川神社は、江別市にある歴史ある神社であり、1924年に初めて社殿が建立されました。神社は宗教的な場所であり、古くから信仰されている神々を祀る場所として認識されています。

上砂川神社の社殿は古くからの建物であり、内部には神々が祭られています。社殿の内部には、社殿本尊として祭られている大黒天の権現や、境内にある格子門などがあります。社殿の周りには芝生が広がっていて、参拝者が訪れる時に草を踏んで参拝するために使われています。

上砂川神社では、年間を通じてさまざまな行事が行われています。最も有名な行事として、毎年の5月に行われる「お祈り会」があります。この行事では、参拝者が神社の前に集まって、神社を祝福します。他にも、毎月第2日曜日に行われる「賽銭会」や、毎月第3日曜日に行われる「参拝会」などがあります。

上砂川神社は、北海道のみならず、日本全国から参拝者を集める歴史ある神社です。お参りをする際は、持参する賽銭を投げ入れて、神社に祈りを捧げましょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。