北漸寺


北漸寺の地図情報☜

北漸寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒061-0512 
北海道樺戸郡月形町市南4

電話番号

0126-53-2474

交通アクセス

(1)石狩月形駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

北漸寺は、北海道の北見市にある歴史ある寺院です。天正6年(1578年)に開創されました。その名前の由来は、「漸く東洋の北に近づくにつれて」という意味です。

北漸寺は、北海道の象徴的な建造物の1つです。山門の前には、豊かな自然を望むことができます。そして、境内には四季折々の風景を楽しむことができます。

また、北漸寺には、元禄4年(1711年)に仙台藩の藩主徳川家定が完成させた三重塔があります。その他にも、聖徳太子を祀る石像や、石灯籠などもあります。

北漸寺は、すべての人々が自然と心を豊かにする場所として、現在も継続的に愛されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。