高龍寺(北海道函館市)


高龍寺(北海道函館市)の地図情報☜

高龍寺(北海道函館市)について

函館山のふもとにたたずむ、曹洞宗のお寺・高龍寺。正式名は、曹洞宗・国華山高龍寺。函館で最も古い寺院で、1633年(寛永10年)の創建以来、水害や大火、箱館戦争、開港などの歴史とともに生きてきました。
松前法源寺(曹洞宗永平寺派)の僧・盤室芳龍が、亀田(現JR函館駅の北のほう)に庵を建てたのが始まり。函館山麓の現在地に移転したのは1879年(明治12年)のことです。
その堂々たる山門や本堂などの姿は、訪れる人を圧倒するほどの存在感です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

見学時間:09:00~16:00 境内見学自由。拝観希望者は受処へ(ただし、寺の行事などで拝観できない場合もあります)

所在地 〒040-0055 
北海道函館市船見町21-11

電話番号

0138-23-0631

交通アクセス

(1)函館駅からバスで15分

「高龍寺」下車から徒歩で

すべての基本情報を見る

高龍寺(こうりゅうじ)は、北海道函館市にある有名な日本の寺院です。高龍寺は、8世紀に宇治天皇の遣隋を指導した弘法大師の慈心大師が開基し、西宗寺院の名門である室町時代の歴史を持っています。そのため、伝統的な建築様式を受け継ぎ、室町時代の文化を維持することで有名になっています。

高龍寺には、山門をはじめとする建物が多く残っています。山門は、西宗寺院に伝わる室町時代の建築様式を受け継ぎ、大きな出入り口として存在しています。また、高龍寺内には、豊臣秀吉が訪れたという「豊臣閣」や、豊臣後家の建物が残っています。

さらに、高龍寺の最大の見所として、高龍寺の本堂である「大本堂」があります。大本堂は、室町時代の建築様式を忠実に再現した建物で、外壁の色彩や屋根の形などが特徴的です。また、大本堂内には、豊臣家の歴史を象徴する大きな石像があり、見るものを驚嘆させます。

高龍寺は、歴史的な建物群と室町時代の文化を守るため、2002年に国宝に指定されました。今でも、東

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。