士別神社


士別神社の地図情報☜

士別神社について

明治32年7月、屯田兵第三大隊第五中隊九十九戸が入地、錬兵場の一角に開村記念標を建て、天照皇大神を奉斎、15日入隊式が行われました。これが士別開基、士別神社のご創祀で、この日が例祭日に定められました。明治35年、名越源五郎中隊長は社殿建立を屯田兵に議り、現・九十九山に共同作業で祠を建立、例祭日に鎮座祭が行われました。開拓が進むにつれて住民も増加し、祭典には興行物も数々かかり、近隣町村からの人出で賑わうようになりました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒095-0001 
北海道士別市東8条北1丁目九十九山

電話番号

0165-23-2243

交通アクセス

(1)士別駅から車で6分

すべての基本情報を見る

北海道には、島原宗家別神社という古い神社があります。この神社は、昔から近隣の人々に親しまれ、また、島原宗家の別神社として崇められてきました。島原宗家別神社では、「高野大山」を本宮とした三社別神社があります。本宮である高野大山の神社には「高野大山神社」、参宮には「島原宗家別神社」、三宮には「大山宗家別神社」があります。これらの神社は、一つの神社として構成されています。島原宗家別神社は、高野大山神社の本宮と参宮が合体した神社であり、古くから祭神として崇められてきました。また、大山宗家別神社は、その名前の通り、大山神社の三宮として崇められてきました。島原宗家別神社は、歴史的な価値を持つ場所であり、多くの観光客が訪れる場所でもあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。