観音寺


観音寺の地図情報☜

観音寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒064-0941 
北海道札幌市中央区旭ケ丘5丁目6-42

電話番号

交通アクセス

(1)・市電「西線16条駅 」から 徒歩約20分

(2)・バス「慈啓会前」から 徒歩約4分

(3)・地下鉄「円山公園駅 (東西線)」から 車約10分 または バス約20分〈大通西25丁目〉→〈慈啓会前 〉

すべての基本情報を見る

北海道にある観音寺は、青森県東津軽郡大鰐町にある歴史あるお寺です。観音寺は、江戸時代に創建された宗教施設で、当時は大鰐観音寺として知られていました。

観音寺は、江戸時代に創建された宗教施設で、大鰐町の名産品である大鰐醤油を販売する社寺として活動していました。また、観音寺は、地域社会に根ざした社寺として文化的な役割を果たしています。

観音寺は、 仏教の僧侶、禅宗の僧侶、坊主、信徒などが集まり僧侶の教えを受ける場所として、地元住民からも愛されています。観音寺には、約500年前創建の200余年前の建物が保存されています。

観音寺は、今も宗教活動を行っており、定期的に仏法を教える研修や講義会などを行っています。観音寺では、毎年4月1日から4月3日まで、元旦の三日間に「大鰐観音寺社例大祭」を行っています。

観音寺は、歴史あるお寺であり、地元住民からも愛されています。また、仏法を教える研修や講義会なども

宮城県気仙沼市にある観音寺は、鎌倉時代初期に宮城藩の役人であった安宅清之輔が持ち込んだ曹洞宗の禅宗寺院です。今では古くから親しまれているお寺で、山門が高く、広い境内を有しています。

観音寺の有名な観光スポットは、境内内にある「菩薩堂」です。この堂には、鎌倉時代から安宅清之輔が菩提を修行したという伝説があり、古来から信仰の対象とされています。また、仏様が大きな祈祷文を書いたという「菩提書」も保存されています。

また観音寺では、毎月第3日曜日に「椅子参拝」が行われており、境内にある「椅子塔」を参拝するというものです。この塔は、安宅清之輔が菩提を修行したという伝説があり、古くから信仰の対象とされています。また、観音寺は、瀧津神社とともに宮城県気仙沼市の観光スポットとしても有名です。

観音寺では、年間を通して多くの行事が行われています。毎年1月1日に行われる「新春御利益」は、四方八面の小供を安全に育てる祈願として定番の行事となっています。また、7月

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。