出雲大社 新十津川分院


出雲大社 新十津川分院の地図情報☜

出雲大社 新十津川分院について

明治23年に奈良県十津川村から開拓のために入植した「十津川衆」が、開拓の心の拠り所として、信仰する出雲大社教の分院を明治43年に創建し今に至ってる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒073-1103 
北海道樺戸郡新十津川町字中央32-9

電話番号

交通アクセス

(1)JR滝川駅より徒歩約30分/車約5分:新十津川町役場から約700m、新十津川開拓記念館横

すべての基本情報を見る

出雲大社・新十津川分院は、北海道の札幌市北東部の新十津川に位置する歴史ある神社である。日本三大弁天堂の一つとして有名で、現在も多くの信者が多く訪れている。大社を形成する施設は、大社本殿、華厳門、記念碑、石垣などがある。大社本殿は、奈良時代末期から日本初の木造建築として全国的に知られている。奈良時代に建てられたものと思われる華厳門は、宝物庫として重要な意味を持ち、石垣をもつ約2万坪の広大な敷地を有する。

また、新十津川分院は、出雲大社本殿の南にある新十津川川沿いに位置し、歴史ある神社でもある。木造建築である大社殿、大鳥居、西門などがあり、信仰の拠点となっている。また、内容を保護するために石垣が建てられ、約3万坪の広大な敷地を有している。

今でも、出雲大社・新十津川分院は、多くの信者が訪れて、参拝を行っている歴史ある神社であり、現在も今までどおりに大切に保護されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。