剣淵神社


剣淵神社の地図情報☜

剣淵神社について

明治32年7月12日、本道最後の屯田兵337戸が入植、練兵場の南敷地に移住記念標を建て札幌神社の御祭神を奉祭し、入隊式が行われたのが剣渕神社の創まりです。 例祭日は、7月12日。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒098-0336 
北海道上川郡剣淵町旭町593番地

電話番号

0165-34-2637

交通アクセス

(1)JR剣淵駅から徒歩で30分

(2)JR剣淵駅から車で5分

すべての基本情報を見る

北海道には、鎌倉時代に活動した剣淵神社があります。剣淵神社は、その歴史と伝説が紡がれたお寺として、多くの信仰者が訪れる場所として知られています。その中でも最も歴史が古いのが北海道の剣淵神社です。剣淵神社は、9世紀に剣淵武士が朝鮮から北海道に来て建てたという伝説があります。そのため、剣淵神社を本宮として信仰されており、お寺として今も栄えています。剣淵神社は、本丸、供養所、霊廟などがあり、寺の内部は木造であり、建築様式は室町時代のものです。また、剣淵神社では、節分や桃の節句、秋祭りなどを年に2~3回開催しています。また、毎年5月には、「剣淵祭」として、地元の若者が小屋を囲んで宴を楽しむ祭りが行われます。剣淵神社は、多くの信仰者が訪れる場所として多くの歴史と伝説を紡いできたお寺です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。