神威神社


神威神社の地図情報☜

神威神社について

神威岬付近の航海の安全を祈願し、神威岩に「大綿津見神」「志那戸神」を奉斎。その後、神殿を旧神岬村に創建、アイヌ語の地名を用いて「志屋古丹明神」「於賀武意明神」として奉斎。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒046-0323 
北海道積丹郡積丹町大字来岸町10番地

電話番号

交通アクセス

(1)新千歳空港から車で200分

(2)小樽駅前からバスで130分(来岸下車)

来岸バス停から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

北海道には、神威神社という古くから受け継がれている建物があります。神威神社は、古くから神を祀るための神社として、現在も大切に祀られています。神威神社は、神社の境内を形成する建物であり、神社の前面には、元禄垣を囲む若葉垣があります。神社の中央には、主神である日本神話の神々が祭られています。また、神威神社の中には、多くの社殿や権現堂などがあり、神話の各神様を祀る建物があります。神威神社は、神社の境内を形成し、神社の歴史を表しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。