稲荷神社


稲荷神社の地図情報☜

稲荷神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒040-0055 
北海道函館市船見町22番22号

電話番号

すべての基本情報を見る

北海道には豊川稲荷神社があります。函館市に位置し、重要文化財に指定されている神社です。稲荷神社の本殿は、1890年に建てられた現存する最古の本殿で、明治32年に重要文化財に指定されています。境内には本殿以外にも神社楼門や神楽台、稲荷山祠などがあります。

また、豊川稲荷神社は、函館市の祭りの中心的存在でもあります。七五三祭りや端午の節句など、祭りや宮参りを行う際には、豊川稲荷神社に参拝します。豊川稲荷神社は仙台祭り、函館祭り、函館端午祭などの春夏秋冬の様々な祭りを行っています。

豊川稲荷神社は、夏越の祭りなどの豊かな祭りを毎年開催しています。神社の中心的な催しとして、毎年7月17日に夏越の祭りを開催しており、参拝者が多く集まります。夏越の祭りには、神楽が行われ、様々な賑やかな行事が行われています。

北海道には、稲荷神社があります。この稲荷神社は古くから祀られており、稲荷大明神を祀っています。この稲荷神社は、北海道でも最古の神社として知られています。 神社の前には、大きな木陰があり、その入口には大きな柱が立っています。その木陰の周りは、桜の花が咲き乱れ、春の訪れを示します。神社の内部は、稲荷神を祀るためのお祭りを行うために設備されています。神社の外側には、山々が広がり、とても美しい景色を楽しめます。

札幌伏見稲荷神社は、北海道にある伏見神社の支社として、1890年に設立されました。現在では、札幌の街中に広がる神社からなる神社群として有名です。札幌伏見稲荷神社は、正面にはお稲荷さまを祀る本殿と、その左右にある二殿を持ち、正面から見て三殿で構成されています。本殿の前には、桃山時代に設立された鳥居があり、正面から見ると、右手にお地蔵様、左手にはお雛様が祀られています。また、札幌伏見稲荷神社には、伏見神社として有名な二つの社殿があります。一つは、お稲荷さまを崇拝する重要な社殿である「拝社殿」で、もう一つは「特別社殿」と呼ばれ、同じくお稲荷さまを崇拝する社です。また、札幌伏見稲荷神社は、稲荷神社として有名な「稲荷神楽」を行っています。毎月一回、祭礼が行われるほか、毎年五月三日に行われる「稲荷神楽祭」も人気があります。

白羽箭稲荷神社は、宮城県の小鶴村にある神社です。小鶴村には群馬県の吉田村にある稲荷神社を伝える古来の神様が祀られています。神社の建物は、宮城県小鶴村にある桧垣社殿(ひがきじゃてん)と呼ばれるものです。桧垣社殿は、室町時代末期に建てられた木造の建物で、国の登録有形文化財にも指定されています。白羽箭稲荷神社では、春季には「元日祭」、夏季には「菖蒲祭」、秋季には「秋季例大祭」が行われます。春季の「元日祭」では、参拝者の皆さんを招いて太鼓演奏や舞踊などが行われ、参拝者の皆さんを楽しませてくれます。夏季の「菖蒲祭」では、菖蒲の種を植えたり、菖蒲の生贄を祭神に捧げたりといった儀式が行われます。秋季の「秋季例大祭」では、桧垣社殿の前庭にて神輿を担ぐ神業が行われます。

福島稲荷神社は、福島県南会津郡小野町にある東北地方のお寺です。稲荷大明神として知られる、稲荷神社本宮として知られています。稲荷神社は古くは平安時代に建立されたと言われており、平安時代に建立された歴史的な神社として有名です。また、今でも古い建物が残されていることから、多くの人々に愛されています。その他、稲荷神社は、小野町の文化・観光の発展に貢献しています。例えば、毎年8月には、稲荷神社の神事が行われます。

また、稲荷神社は、「決行礼節」と呼ばれる決行祭の一つを定期的に行っています。決行礼節とは、年に2回行われる文化的な習慣で、稲荷神社の神社宮司が、神様の御仏を祝福するために行われます。決行礼節は、参拝者が豊かな農業を願うために行われるものです。

稲荷神社は、多くの観光客や参拝者を迎えており、神社の中には、古代の神社の建物や伝統的な文化が残されています。稲荷神社では、多くの季節のイベントが行われており、多くの観光客が楽しめます。特に、毎年4
東海地域には、多くの寺がありますが、以下に紹介するのは高山稲荷神社があるところのものです。

・高山稲荷神社(富山県)
高山稲荷神社は、富山県北条郡高山村にある神社です。平安時代に、聖徳太子が稲荷大神を祀って、東海地域に稲荷神社を建立したとされています。稲荷大神を祀っている大社として、稲荷宮という名があります。また、祈祷を行うために、周辺には、稲荷神社、川社、稲荷苑、稲荷祠、稲荷塚などがあります。

・高山寺(静岡県)
高山寺は、静岡県御前崎市にある仏教寺院です。高山稲荷神社の建立を記念して、聖徳太子が建立したと言われています。この寺院の特徴は、多くの聖徳太子関連の遺物が保存されていることです。また、高山寺は、静岡県でも有名な文化財であり、国宝指定の寺院になっています。

・菊川稲荷神社(愛知県)
菊川稲荷神社は、愛知県菊川市にある神社です。聖徳太子が稲荷大神を祀って、東海地域に稲荷神社を建立したと言
東海地域には、多くの寺がありますが、以下に紹介するのは高山稲荷神社があるところのものです。

・高山稲荷神社(富山県)
高山稲荷神社は、富山県北条郡高山村にある神社です。平安時代に、聖徳太子が稲荷大神を祀って、東海地域に稲荷神社を建立したとされています。稲荷大神を祀っている大社として、稲荷宮という名があります。また、祈祷を行うために、周辺には、稲荷神社、川社、稲荷苑、稲荷祠、稲荷塚などがあります。

・高山寺(静岡県)
高山寺は、静岡県御前崎市にある仏教寺院です。高山稲荷神社の建立を記念して、聖徳太子が建立したと言われています。この寺院の特徴は、多くの聖徳太子関連の遺物が保存されていることです。また、高山寺は、静岡県でも有名な文化財であり、国宝指定の寺院になっています。

・菊川稲荷神社(愛知県)
菊川稲荷神社は、愛知県菊川市にある神社です。聖徳太子が稲荷大神を祀って、東海地域に稲荷神社を建立したと言
東海地域には、多くの寺がありますが、以下に紹介するのは高山稲荷神社があるところのものです。

・高山稲荷神社(富山県)
高山稲荷神社は、富山県北条郡高山村にある神社です。平安時代に、聖徳太子が稲荷大神を祀って、東海地域に稲荷神社を建立したとされています。稲荷大神を祀っている大社として、稲荷宮という名があります。また、祈祷を行うために、周辺には、稲荷神社、川社、稲荷苑、稲荷祠、稲荷塚などがあります。

・高山寺(静岡県)
高山寺は、静岡県御前崎市にある仏教寺院です。高山稲荷神社の建立を記念して、聖徳太子が建立したと言われています。この寺院の特徴は、多くの聖徳太子関連の遺物が保存されていることです。また、高山寺は、静岡県でも有名な文化財であり、国宝指定の寺院になっています。

・菊川稲荷神社(愛知県)
菊川稲荷神社は、愛知県菊川市にある神社です。聖徳太子が稲荷大神を祀って、東海地域に稲荷神社を建立したと言
岩手県にある稲荷神社は、日本の四大神社の一つとして、古くから岩手県において祀られている。岩手県には、稲荷神社がその一つとして祀られている地域が多く、その中でも東北地域にある稲荷神社が、岩手県の地域性を高く見出す一つとなっている。

稲荷神社は、元々は稲荷宮として祀られていたが、1574年に稲荷神社が設立された。稲荷神社は、岩手県東部にある稲荷宮神社とは異なる、東北側にある神社となっている。稲荷神社は、岩手県の代表的な神社となっている。

稲荷神社は、岩手県東部にある稲荷宮神社とは異なる、東北側にある神社となっている。稲荷神社は、岩手県の代表的な神社となっている。稲荷神社は、岩手県東部にある稲荷宮神社とは異なる、東北側にある神社となっている。

稲荷神社は、岩手県東部にある稲荷宮神社とは異なる、東北側にある神社となっている。稲荷神社は、岩手県の代表的な神社となっている。稲荷神社は、岩手県東部にある稲荷宮神社とは異なる、東北側にある神社となっている。

稲荷神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。