上ノ國八幡宮本殿


上ノ國八幡宮本殿の地図情報☜

上ノ國八幡宮本殿について

文明5年(1473年)、勝山館に武田信廣が創建したという。明治9年(1876年)に勝山館から現在地へ移転する。現在の本殿は、様式等から元禄12年(1699年)の創立とされ、北海道最古の神社建築とされる。道指定有形文化財。
※写真は拝殿となっており、本殿は拝殿の中に収められており、通常は拝観できない。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒049-0612 
北海道檜山郡上ノ国町上ノ国

電話番号

0139-55-2065

交通アクセス

(1)「大留停留所」から4分

「上ノ国」下車から2分

すべての基本情報を見る

八幡宮本殿は、日本の有名な神社のひとつで、広島県八幡市に位置しています。神社は古くから現在まで、多くの寄付を受け取ってきていて、八幡宮本殿は多くの古い建物を保存しています。現存する宮殿は、江戸時代に建てられたもので、現在でも美しい正面玄関と三重塔などが残っています。宮殿内部には多くの神聖な場所があり、信者の方々が参拝されていることでも知られています。

また、八幡宮本殿では、毎年春に行われる「初春祭」が有名です。この祭りでは、八幡宮本殿の内部を参拝することができ、さまざまな祭り行事が行われます。参拝者は、神社で礼拝を行い、祭りの雰囲気を楽しみます。

八幡宮本殿は、日本の文化を学ぶのに最適な場所です。そして、神社の周辺には多くの観光スポットがあり、観光客も多く訪れています。八幡宮本殿は、日本の文化を楽しみながら参拝できる場所として、広く知られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。