龍雲院


龍雲院の地図情報☜

龍雲院について

1625(寛永2)年に開かれた寺院で、戊辰(ぼしん)戦争の戦火をまぬがれ、江戸時代のままの伽藍(がらん)を残す貴重な建物です。
本堂・庫裏(くり)・惣門(そうもん)・鐘楼(しょうろう)・土蔵などからなり、本堂・庫裏は1842年(天保13)の建築で、平成4年、国の重要文化財に指定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒049-1511 
北海道松前郡松前町松城305

電話番号

0139-42-2449

交通アクセス

(1)松城バス停から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

龍雲院は、大阪府大阪市にある日本最古の寺院です。1655年に開創されたとされ、明治維新後に改築されました。室町時代には大阪の勢力図を支配していました。

龍雲院は、由緒ある2重の門を挟んだ入り口を通り抜けると、広大な敷地が開けます。広場では、関西三大名灯籠の一つである「空灯籠」が展示されており、毎年6月には「龍雲灯籠祭り」が開催されます。

龍雲院の寺廟内部には、今も昔も格式高い空間が残されています。豊島神社内にある洞穴には、有名な修験道師である藤原道長の銅像が置かれています。

龍雲院では、様々なイベントが開催されています。お正月やお盆のお祭り、花見などがあります。また、若者に人気のある桜祭りや音楽祭、高校生限定のイベントも開催されています。

龍雲院は、歴史的な建築物でありながら、現代の若者にも愛される文化的スポットです。また、関西の観光スポットとしても有名なので、ぜひ訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。