北海道神宮


北海道神宮の地図情報☜

北海道神宮について

北海道の総鎮守。創建1869年。約18万平方mの境内地は桜の名所となっている。毎年、初詣をはじめ、多くの参拝客が訪れるほか、6月には北海道神宮例祭(札幌まつり)が開かれ、お囃子にのって神輿や山車が市内を練り歩く姿が見られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒064-8505 
北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

電話番号

すべての基本情報を見る

北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)は、札幌市内にある神社です。本殿は、1912年に建立された、現在でも札幌市内で最も古い神社として有名です。札幌市内でも最も古いとされる本殿の建立は、1590年(天正年間)とされています。

北海道神宮には、古くから伝わる仏閣として神社内に「北海道寺」が存在しています。仏閣として、唐門、正堂、堂前庭園、仏閣廊下、聖堂などがあります。全体的には、寺院の建物としては札幌市内でも最も古いものとなっています。

「北海道寺」の仏閣内は、正堂には札幌市内でも最も古い歴史を持つ仏像が安置されています。また、唐門には、江戸時代前期に建立されたとされる仏門が取り付けられています。残された古い仏閣からも、その建立年代や社会情勢などを推測することができます。

北海道神宮・北海道寺は、札幌市内で最も古い歴史を持つ神社・仏閣として、多くの人々に愛されています。安置された仏像や古い仏閣からも、古い時代の記憶を守っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。