称名寺(北海道函館市)


称名寺(北海道函館市)の地図情報☜

称名寺(北海道函館市)について

市内で二番目に古い寺、昭和4年鉄筋コンクリート造となる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒040-0055 
北海道函館市船見町18-14

電話番号

0138-23-0574

交通アクセス

(1)函館駅からバスで15分

高龍寺から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

称名寺(北海道函館市)は、室蘭東部に位置する歴史ある寺院です。15世紀に鎌倉時代から栄えた称名寺は、北海道有数の歴史的建造物として知られています。

称名寺には、「称名大仏」「称名三蔵童子」「称名木菩薩」など、数多くの仏像が祀られています。また、国宝「称名龍王」など、国の重要文化財としても知られています。

称名寺は、紅葉の時期には景勝地として賑わいます。また、古き良き時代を思わせる素敵な建物も多くあり、観光客に大変人気です。また、定期的に行われる「称名大仏供養」や「称名祭」などの祭典も、多くの人々に愛されています。

称名寺は、北海道における貴重な歴史的建造物であり、多くの人々に愛されています。古き良き風情を味わってみてはいかがでしょうか。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。